ビタミンBを活用して何歳になっても太らない体に

何歳になっても活動的でいられるこれを実現するサプリメントがあります。40代を迎えると、ひざなど関節痛に悩まされる人も、多いことでしょう。関節痛は、筋力の衰えが原因です。そうなると、動くことがどんどんおっくうになり、簡単な運動すらも苦痛になります。

言うまでもなく、そのまま放っておけば、老化と肥満がセットであなたの体を襲うことになります。いくつになっても軽い運動くらいはできるように、筋力の衰えを防ぐサプリメントと、関節の痛みをやわらげるサプリメントをおすすめします。運動能力の衰えは筋力や柔軟性の低下と神経・筋肉間での反射時間の延長から起こります。

筋力を支配しているのは、男性ホルモンです。筋トレによって筋肉量を増やし、筋力を高めることができますが、ホルモンの血中濃度の検査で、「DHEA」やテストステロンのレベルがかなり低いような場合は、サプリメントでホルモンを補う必要があります。神経・筋肉問の反射時間の延長というのは、神経から筋肉への情報伝達に時間がかかることで、とっさの反応が遅れて転倒したりします。「タンパク質の糖化」が原因になりやすいので、糖代謝を助けるビタミンB群のサプリメントをとることも、重要です。

また、神経系の血流を良くするイチョウの葉エキスなどのサプリメントも運動能力の向上に役立ちます。ひざの関節に痛みや違和感があって、十分な運動ができない場合は、コンドロイチンとグルコサミン硫酸のサプリメントがおすすめです。コンドロイチンはサメのヒレ、グルコサミンはエビやカニに多く含まれている成分です。関節の痛みに有効なコラーゲンがあります。コラーゲンには骨や筋肉、腱などに多いⅠ 型と、関節などに多いⅡ型があり、注目されているのは後者のサプリメントです。

鶏の軟骨から抽出された天然成分で、熱処理などによる変質がなく、高い活性を維持2している「U CⅡ」というサプリメントです。これまでの話で、サプリメントが、「太らない体」づくりに重要な役割を果たすことがおわかりいただけたでしょうか。ただし、ビタミンやミネラルなどの栄養素は、基本的には食事からとるべきものです。サプリメントは、その補助として利用することで、「太らない体」づくりに大きな効果を発揮するのです。

血管の汚れを除去する

「錆止め」ができている体は、細胞や器官のひとつがイキイキと働いています。これが、若い体です。最優先で「サビ止め」をしたいのが血管です。
血管は全身にくまなく張り巡らされたライフラインです。60兆個もの細胞に栄養と酸素を届けています。若いときはツルツルしてきれいだった血管の内壁も、歳を加齢により有害金属などがこびりつき、弾力を失ってきます。あるいは、傷んでもろくなります。いわゆる血管の老化です。

この血管の老化を止めて機能を守ることは、体の若さを保つうえでもっとも大切な条件です。血管のケアで、今、アメリカで関心が高まり出したのが「キレーション治療」です。アンチエイジング医療の最先端を行く分野です。日本でも、だんだん注目されはじめています。「キレーション治療」は強力な抗酸化作用を持つキレート剤(有機化合物のEDTAというアミノ酸) を点滴して、体内に蓄積されている有害金属」「活性酸素」の大量発生の原因になる1 を体外に出してしまうものです。「キレーション」は、ギリシア語の「キール=かに のハサミ」を語源にする言葉です。「キレーション治療」は、イメージで言えば、「キレート剤のEDTA にはカニのハサミのような作用があり、それが体内の金属をつかんで尿とともに体外に出る。となるでしょうか。

実際の治療はビタミン、ミネラルとともにEDTAを1時間半以上かけて点滴します。「キレーション治療」は「活性酸素」の攻撃でダメージを受けた血管を修復し、確実に若返らせる、生活習慣病の新しい療法です。とくに、一度なつたらなかなか元に戻らないとされていた動脈硬化が、「キレーション治療」によって著しく改善するようになつたのです。吸い込む力の強い電気掃除機を使って「体内そうじ」を行なうようなものですから、体内環境がきちんと整えられます。そのせいか、「キレーション治療」を受けた男性患者さんの中には、加齢臭、いわゆるオジン具さが清えたという人もいます。

これは副産物ですが、体が若返った何よりの証拠です。血管年齢を若返らせることが、体がいつまでも若いままでいられる条件なら、「太らない体」をつくる目的の1つは、いつまでも若い血管を保つことである、と言えるでしょう。

血管はもっと若返るはこちらです。

ビタミンDのアンチエイジング効果

最新のサプリメントの話題で外せないのが、ビタミンDです。日本ではまだ注目度が低いのですが、海外では健康常識として、毎日のように話題に上ります。

日本でのビタミンDのイメージといえば初心者にもわかりやすいビタミン、ミネラル(脂溶性ビタミン)ビタミンDといったところでしょうか?

ビタミンDは、ただのビタミンではありません。ビタミンという名前がつけられているために、日本では軽く見られていますが、じつはホルモンに匹敵するくらいの重要な役割を持つのが、ビタミンDです。

ビタミンD の働きというと、従来は骨の健康しか注目されていませんでしたが、近年の研究では、免疫力の調整、がんの予防、神経疾患の予防、うつの予防など全身の機能のさまざまな分野に大きな影響があることがわかってきました。中でも注目したいのが、メタボ対策です。

ビタミンDが多い人はど内臓脂肪がつきにくいということも、わかってきたのです。「太らない体」を目指すうえでは聞き逃せない話題ではないでしょうか。

ビタミンD は、日光浴で補充することが可能と言われています。たとえば、半袖、半ズボンで過に3回、30分間日光浴することで、ほぼ十分なビタミンD が補充できるのですが、これは夏の話です。食事で補給することも可能です。ただ、栄養士さんにビタミンD の話をすると、決まって「干しシイタケを食べましょう」ということになりますが、残念ながら人体が必要としているのは、動物性のビタミンD3と言われています。

食材でもっとも効率良くビタミンDを補給できるのは、魚です。中でも、サケはもっとも多くのビタミンDを含む魚と言われています。日ごろから日光を浴びることを意識し、肉よりも魚中心の食生活であれば十分だとされていますが、血液中のビタミンDの平均値(30ng/dl) は専門機関などが推奨する濃度(30ng/ml) より少なく、とくに、女性が低い傾向にあります。現代人はビタミンD不足状態にあるのです。日に当たらない、魚を食べない人は、サプリメントのお世話になるのが一番の解決策です。

不老長寿ホルモン「メラトニン」が若返りに必要

サプリメントで「毎日の睡眠中にダイエット」をより効果的にする方法があります。寝つきが悪い、夜中に目が覚める、朝早く目が覚めてしまう、眠りが浅いといった悩みがなかなか消えないという人は、ぜひ試してもらいたい方法です。

誘眠ホルモン、メラトニンをつくる材料となるアミノ酸は鶏肉、卵、牛乳などに多く含まれています。メラトニンそのものを多く含む食材はトウモロコシ、玄米、ダイコン、バナナなどです。メラトニンが少ないために不眠が起こっている場合は、食材やサプリメントでその分泌量を増やすことによって、「良い眠り」が得られます。

睡眠ホルモン「メラトニン」について詳しくはこちら

ただし、メラトニンの分泌はさまざまな要因に左右されるので、サプリメント服用に際しては専門医に相談したほうがいいでしょう。メラトニンには質の良い眠りをつくるという作用のほか、さまざまな老化防止作用があります。そのため、メラトニンは「不老長寿のホルモン」と言われています。

こう呼ばれはじめたのは、イタリアの世界的なメラトニン専門家の実験がきっかけです。メラトニン入りの水を与えたマウスと普通の水を与えたマウスの寿命を比較したところ、前者のほうが20%も延びたというものでした。人の寿命に換算すれば、25年も長生きし、100歳まで生きた計算になります。しかも、メラトニンを与えられたマウスは、体力も筋力も衰えず、白内障も起こさず、免疫力も性機能も低下しなかったというのですから、驚きです。

メラトニンには、強力な抗酸化作用があります。同じ抗酸化物資でもビタミンCは水にだけ溶け、ビタミンEは油にだけ溶けますが、メラトニンは水にも抽にも溶け、「体の錆び」の元凶である「活性酸素」にも有効なのです。また、メラトニンを服用すると、体の免疫機能を担う抗体(免疫グロブリンA)やNK( ナチュラルキラー) 細胞が増加することもわかっています。メラトニンが、体の免疫力を高めてくれるのです。さらに、高かった血中コレステロール値が下がった、血圧が正常レベルに下がったという研究報告もあります。
スヤナイトα

40代の気になる症状「体臭」

「太らない体」をつくる際に、消化・吸収を担う胃腸以外に大事なところがあります。それは歯です。きちんと噛めなければ、消化・吸収も正常にできず、したがってきちんと「出す」こともできません。

消化から排泄までが正常に行なわれない体は、「太る体」です。意外な盲点となりやすいのですが、歯の健康を保つことも「太らない体」につながっているのです。

40代になったら気をつけてほしいのは、歯周病です。口臭のもとにもなり、「オヤジ臭さ」の要素の1つになりますから、早く手を打ちたいものです。口臭のいやなところは自分には気づかなくても周囲はかなり不快な思いをしているというところです。歯周病の大きな原因の1つは、口の中に生息する細菌の仕業です。

したがって、歯周病予防の第一は、細菌の発生と繁殖を防ぐ歯磨きです。

近年、プロポリスの成分を含んだ歯磨き剤に、歯周病菌の繁殖を抑制する効果があることがわかってきました。

このプロポリス歯磨き剤をおすすめしています。プロポリスのほかに、ビタミンB1 、葉酸を飲むのも効果的です。歯ぐきの血流を良くするためにルンプルキナーゼやEPAとDHA のうち、どれか1つを利用するのが良いでしょう。

また、虫歯が原因で歯ぐきの炎症や歯肉炎が起こっている場合は、体を錆びさせる「活性酸素」が大量に発生しているので、抗酸化物質もいっしょにとりましょう。

40代以降の歯周病、蓄膿症への高い効能、効果が確認されている「なた豆」もおすすめです。
なた豆 – 実際に飲んでみての症状の具体的な改善や感想(一覧)|Review

暑い夏の汗による体臭は、ある程度は仕方ない面もありますが、動物性の脂肪を避けることも対策のひとつです。
自分では気づきにくい体のにおいをケアする

酢豚にパイナップルは肉を消化するための理にかなったレシピだった

「太らない体」をつくるには、胃腸をつねに正常に働かせる必要があります。第一に「食べ方」に気をつけることが大切ですが、これをサプリメントでさらに強化する方法があります。まず、胃もたれには、消化酵素のサプリメントがいいでしょう。

胃液には胃酸と消化酵素が含まれていて、食べたものを消化するためには両方がバランス良く分泌されなければなりません。胃もたれがするときは、消化辞素を補うと改善します。

消化酵素のサプリメントは日本では市販されていないのですが、アンチエイジングドックで扱っているところもあります。食材ではパイナップル、パパイア、アボカドなどが消化を助けます。

酢豚にパイナップルを入れるのは理にかなったアイデアで、パイナップルに含まれるたんばく質分解酵素が、豚肉の消化を助けてくれるのです。消化酵素のサプリメントでも改善されない場合は、ピロリ菌(胃潰瘍や胃がんの原因になる) によって胃酸のペーハー(酸性度またはアルカリ性度を計る単位) が変わり、消化が遅くなり、不快症状を起こしている可能性があります。

慢性的に胃の調子が良くない人は、除菌を考える必要があるので、消化器の専門医に相談しましょう。ある人の例では2~3年前から胃もたれが起こるようになり、春くらいから胸焼けがひどくなってきたため、あまり食欲がわかないと言っていました。

食道や胃の検査を受けたところ、「潰瘍やがんはないけれど、胃の機能が低下し、胃酸が逆流して胸焼けを起こしている」と言われたそうです。

以前は胃酸の分泌が過剰になると、逆流性食道炎になると考えられていました。しかし実際は、胃酸が減少して胃内の酸性度があ がると、逆流を防いでいる胃の入口が緩み、胃の内容物が逆流しやすくなると言われています。

胃酸の分泌が減って消化が悪くなり、食物が長く胃にとどまるために胃もたれを起こしていました。そして、胃の内容物が逆流しやすくなったため、胃液の刺激で食道炎、つまり、胸焼けが起こっていたのです。そこで、胃酸の働きを助ける消化酵素をサプリメントで補うことにしたところ、胃もたれも胸焼けも、すぐに改善されました。胃の次は腸です。きちんと排泄するために、腸内環境をサプリメントで正常化することもできるのです。
腸内環境は、心臓や脳など生命に直結する部位と比べて、軽視されてきました。しかし最近は、腸内細菌のバランスが・全身状態や老化の進行に深く関わっていることがわかってきました。

腸内には多くの細菌が住みついています。いい働きをする善玉菌と、害を及ぼす悪玉菌があり、2~3割が善玉菌ならば健康な腸内環境と言われています。これは便ではっきりと判断できます。茶色く、ほど良い軟らかさ(見た目の感じが、チューブの歯磨き剤より少し硬めで、形がある程度) で、あまり匂いもせず、水に浮くような便が出るときは、腸内は善玉菌の多い状態です。

便秘がちで、黒っぼく、匂いも強く、硬くて水に沈むような便が出るとき、あるいは下痢をするときは、腸内は悪玉菌が多い状態です。
腸内環境を整えるには、乳酸菌、ビフィズス菌、納豆菌のサプリメントを飲みます。とくに乳酸菌は毎日補給することが重要です。便を出すことによって腸内環境がリセットされるからです。きちんと食べ・消化・吸収し、きちんと出すことは・「太らない体」の絶対条件です。胃もたれや胸焼けを解消すること、腸内そうじを習慣づけることは、「太らない体」づくりに欠かせないことなのです。腸内環境を良好に保つことは歳をとればとるほど重要性が高くなっていきます。

よく風邪をひく、口のまわりに吹き出物がでる、口唇ヘルペスが時々できる、冷え症…こんな現代人特有の症状は免疫力が低下しているのでラクトフェリンがおすすめです。少しの間(3~4日)食事の量を減らして飲むと驚くほどよくなります。

歳かな?と思ったら「コエンザイムQ10 」

「体のサビ」に直接的に働くサプリメントがあります。40代のすべての人、とくに次のことに当てはまる人には、ぜひとってほしいものです。

  • ほぼ毎日、3時間以上の残業をしている人
  • 神経を張りつめる仕事をしている人
  • スポーツクラブで定期的にスポーツをしている人
  • 健康診断などで血圧や血中コレステロール、血糖などの値が高いと指摘された人
  • 日焼けの後にシミが残りやすい人
  • 人や物の名前が出てこず、「アレ、ソレ」という代名詞が多くなった人
  • 速足で歩くと息が切れたり、足がもつれたりする人
  • 性欲が1ヶ月以上起こらない人
  • 家族に口臭を指摘されたことがある人
  • ベッドに入って30分以上寝つけない人
  • 食後、胃のあたりに不快感がある人

「錆止め」として、まずおすすめしたいのは、EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA (ドコサヘキサエン酸) を多く含む青魚(イワシやサバなど) です。魚をあまり好まないのであれば、EPA 、DHAをサプリメントで補います。

「錆止め」、すなわち抗酸化物質には、じつに多くの種類があります。ベーターカロテン、ビタミンC 、ビタミンE は抗酸化ビタミンとして知られています。
これらの栄養素は、野菜を十分に食べていれば、だいたいとれます。抗酸化サプリメントとしてはコエンザイムQ10 、アルファリボ酸、ポリフェノール、ピクノジュノールのほかにアスタキサンチン、レスベラトロールが知られています。コエンザイムQ lOは、体内でエネルギーをつくる際に必要な栄養素です。心臓の血液循環を促し、筋肉にエネルギーを供給し、運動能力を高める作用がありますが、40蔵前律から急激に不足しやすくなります。

コエンザイムQ10はイワシ、サバ、ウナギ、牛肉に含まれていますが、微量なのでサプリメントで補うといいでしょう。

アルファリボ酸とは、脂肪酸の一種です。水銀などの有害重金属の排出、神経組織の保護などの作用もあります。糖尿病による神経障害の予防効果があります。

ジャガイモ、ホウレンソウ、トマト、ニンジンなどに多く含まれていますが、一定量以上をとるならば、やはりサプリメントが適しています。

ポリフェノールは、植物に含まれている色素、香り、苦味、渋味などの成分で、約三〇〇種類あります。フラボノイドとノンフラボノイドがあり、前者は赤ワインのアントシアニジン、お茶のカテキン、ノンフラボノイドはゴマのリグナンなどが知られています。その作用は抗がん、抗菌、抗ウイルス、心臓病予防とさまざまですが、すべて抗酸化作用を持っています。
野菜に含まれるポリフェノールが多いので、ある程度は食事でとることができますが、毎日二疋量を確実にとるには、サプリメントが必要です。
マルチビタミンはこちら。

40代から必須の「マルチビタミン」「マルチミネラル」について

あなたに足りていない栄養素は、なんでしょう。簡単に特定できるものではないので、まずは「マルチビタミン」「マルチミネラル」のサプリメントから始めるのがおすすめです。

必要なビタミン、ミネラルをすべて調合した非常に便利なサプリメントです。現在知られているビタミンは22種類あります。すべての種類が十分にそろってはじめて、体は正常に働きます。

ビタミンの基礎知識をもう一度見直すといいでしょう。30~40代ではビタミンのパワーがとても重要です。

1種類でも不足すると、ほかのビタミンが十分でも、体の働きが悪くなるのです。糖質、脂質、タンパク質を十分にとっても、ビタミンが不足すると、体も脳も疲れやすくなります。あるいは、スタミナがなくなったり、集中力が低下したり、肥満になったりするという人が少なくありません。

ミネラルはカルシウム、マグネシウムなど、全部で20種類ほどあります。体の組織を整備の行き届いた器械のように働かせるために、必要な栄養素です。

たとえばカルシウムには、骨をつくつたり、筋肉を正常に動かしたりする重要な役割があります。「マルチビタミン」「マルチミネラル」を基本として、生活状況や体調などに応じて「必要と思われるもの」を追加するのがベストです。

不足している栄養素を特定するには、かなりくわしい検査が必要ですが、それほど厳密に考えることはありません。健康診断の結果や日々の生活状況から、起こりやすい体調不良、気がかりな心身の変化を探り、それに対応する栄養素のサプリメントを選べばいいのです。

たとえば、仕事が終わるとぐつたりし、動くのがおっくうになるなど、疲れやすくなった場合、ビタミンB 群などが不足している可能性があります。
よく溜息をついたり、「根気がなくなった」「集中力がなくなってきた」などの「自覚」が現われたりしら、確実に「疲れやすい体」になっています。盲んか、最近、よくかぜをひくなあ」「今度のかぜは治りが遅いなあ」などと、「かぜ」が気にかかるようになったら要注意です。

ビタミンA、C 、亜鉛などが不足している可能性があります。また、皮膚に今までになかったシミが生じたり、日焼けの後にシミが残ったりするような場合は、ビタミンC 、E などが不足している可能性があります。

野菜、とくにニンジンなどの緑黄色野菜や魚が苦手な人は、要注意です。これらの症状はさまざまな要因で生じるので、ビタミン、ミネラルの不足だけが原因とは限りません。

ただし、多くの場合は、ビタミン、ミネラルを補給することによって改善します。これらはすべて、体の中で老化が進んで太りやすい環境に変わりつつある、という悪いサインです。老化を止めて・「太りにくい体」に改善するためにも、サプリメントの力を借りる必要があります。老化現象をひとつひとつ潰して、「太りにくい体」づくりがスムーズにいくよう、サプリメントの力も借りましょう。

女性の場合、マグネシウムを意識に摂取するようにするとさままざまな不快症状が改善します。

危険な食品、サプリが必要な現代人

食事で栄養をとっているはずなのに、なぜサプリメントが必要なのでしょうか?いろいろな栄養素をバランス良くとることで体は健康に保たれています。栄養が足りているか、不足しているかは、厚生労働省が定めた「栄養所要量」が基準になります。

「最低でもこのくらいとっておかないと、病気になりますよ」という量です。平均的に見れば、日本人はほぼすべての栄養素が、この栄養所要量に達しています。ですが、当然のことながら、「平均値」とは極端に言えば「最大値」と「最小値」を足して二で割っただけの数字ですから、じつは栄養所要量に達していない人、いわば「潜在的な栄養欠乏症」の人もたくさんいるはずなのです。

あなたもじつは、そうかもしれません。だから、サプリメントを効果的に使いたいものです。サプリメントを使う理由は、これだけではありません。じつは、食材自体の栄養価が、以前より低下しているのです。

野菜の栄養価は50年前の8分の1から20分の1に落ちている、と言われています。トマトに含まれるビタミンC の量だと、10分の1です。また、野菜のビタミン、ミネラルは収穫されて時間が経つほど失われるので、スーパーに並んだときには、かなり失われています。
さらに、ただ千切りにするといった加工をしただけでも、ビタミン、ミネラルはかなり失われてしまうのです。そこで、足りない栄養素を狙って補えるサプリメントの出番になります。ただし、サプリメントは薬でなく「食品」です。ですから、食べ物の消化、吸収、排泄に個人差があるように、サプリメントの効果の出方も、人それぞれだと思ってください。

ビタミンの基礎知識はこちらです

もっと言えば、効果を美感できるものが、自分の体が必要としていたサプリメントと言えます。「効果がないと思われるもの」を続ける必要はありません。また、薬と違って飲むタイミングや分量が明確に決められているわけではありませんが、私は食事の際に飲むことをすすめています。
とくにべ一夕ーカロテンやビタミンEは「脂溶性」。油といっしょにとると吸収率が良くなります。飲む量は、ラベルに書いてある目安量を飲みます。栄養素の中には、とりすぎないほうがいいものもあるので、サプリメントを飲む際にも注意してください。

また、サプリメントには、植物などの天然素材のものと、化学的に合成されたものとがあります。同じ物質で作用も同じですが、ビタミンEのように効果に差が出るものがあります。

なるべく天然素材のものを選ぶのが無難でしょう。注意してほしいのは、慢性病があり、薬剤を常用している場合です。サプリメントは「食品」とは言っても、特定の栄養素を特定の形でとることになりますので、主治医に相談したうえで判断してください。

若返りホルモンDHEAはサプリの摂取もできる

「太らない体」をつくるには、サプリメントの力を借りるのも賢い方法です。私自身も、「中年太り」のもとになる老化が進行している方には、まず運動、食事、睡眠の改善を指導しますが、食事を改善する補助としてサプリメントを利用するのもひとつの有効な方法であると考えています。

サプリメントを利用する目的は食事で不足しがちな栄養素を補うことですが、もう1つ、体の「酸化」を食い止める・つまり「体の錆び」を落とすという重要な役割があります。
また、不足して体の不調を招いているホルモンを補うためにも使います。サプリメントによって、より効果的に老化を進みにくくすることができるのです。

「太らない体」をつくる賢いサプリメントの使い方を紹介したいと思います。

まずご紹介したいのが、本サイトのキーワードにもなっている「DHEA」です。この若返りホルモンをそのまま補えるサプリメントがあるのです。私がおすすめする「DHEA」のサプリメントは合成ホルモンではなく、ヤムイモという植物から抽出した成分です。

DHEAのサプリはこちら

男性ホルモンの血中濃度が減少すると、筋力の低下が起こり、「何かをしよう」とう意欲やいう意欲や「がんばろう」という気力が失せていきます。
うつ病と間違われる場合も歩く速度が以前に比べて遅くなった感じがする、通勤経路は変わらないのに、駅の階段を上ると息切れがする、姿勢が悪くなった… これらは筋力低下の兆候です。

また、1ヶ月に2回は映画館や芝居に出かけていたのに、最近は足が遠のいてしまった、おいしい店があると聞けばすぐに行っていたのに、ここ3ヶ月はグルメ歩きをしていない、外出の際の服装でも量販店で売っている安い服ですませるようになった…といぅ変化があった場合、意欲の低下が生じているのかもしれません。こうした症状に、心当たりはありませんか。もしあるようでしたら、体の老化が進んでいるということかもしれません。

若返りホルモン「DHEA」のサプリメントと、栄養バランスを整える「マルチビタミン」「マルチミネラル」を合わせて飲むことをおすすめします。