ビタミンBを活用して何歳になっても太らない体に

何歳になっても活動的でいられるこれを実現するサプリメントがあります。40代を迎えると、ひざなど関節痛に悩まされる人も、多いことでしょう。関節痛は、筋力の衰えが原因です。そうなると、動くことがどんどんおっくうになり、簡単な運動すらも苦痛になります。

言うまでもなく、そのまま放っておけば、老化と肥満がセットであなたの体を襲うことになります。いくつになっても軽い運動くらいはできるように、筋力の衰えを防ぐサプリメントと、関節の痛みをやわらげるサプリメントをおすすめします。運動能力の衰えは筋力や柔軟性の低下と神経・筋肉間での反射時間の延長から起こります。

筋力を支配しているのは、男性ホルモンです。筋トレによって筋肉量を増やし、筋力を高めることができますが、ホルモンの血中濃度の検査で、「DHEA」やテストステロンのレベルがかなり低いような場合は、サプリメントでホルモンを補う必要があります。神経・筋肉問の反射時間の延長というのは、神経から筋肉への情報伝達に時間がかかることで、とっさの反応が遅れて転倒したりします。「タンパク質の糖化」が原因になりやすいので、糖代謝を助けるビタミンB群のサプリメントをとることも、重要です。

また、神経系の血流を良くするイチョウの葉エキスなどのサプリメントも運動能力の向上に役立ちます。ひざの関節に痛みや違和感があって、十分な運動ができない場合は、コンドロイチンとグルコサミン硫酸のサプリメントがおすすめです。コンドロイチンはサメのヒレ、グルコサミンはエビやカニに多く含まれている成分です。関節の痛みに有効なコラーゲンがあります。コラーゲンには骨や筋肉、腱などに多いⅠ 型と、関節などに多いⅡ型があり、注目されているのは後者のサプリメントです。

鶏の軟骨から抽出された天然成分で、熱処理などによる変質がなく、高い活性を維持2している「U CⅡ」というサプリメントです。これまでの話で、サプリメントが、「太らない体」づくりに重要な役割を果たすことがおわかりいただけたでしょうか。ただし、ビタミンやミネラルなどの栄養素は、基本的には食事からとるべきものです。サプリメントは、その補助として利用することで、「太らない体」づくりに大きな効果を発揮するのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください