味付けが濃いものは太りやすいというのは本当?

Question

味付けが濃いものは太りやすいというのは本当?

Answer

味つけが濃いということは、調味料の塩や砂糖などの分量が多いということです。糖分も多いということは塩分も多いということです。減塩などをした薄味のおかずだからといって、即ダイエットにつながることはありません。
しかし、おかずの味が濃いと、ついつい主食などのご飯を食べすぎてしまいがち。また、塩分をとりすぎると、体内の細胞が、中に水をとり込むことになって、体外に水を排泄しにくくなります。
つまり、ややむくみぎみになってしまうのです。これらのリスクを避けるためにも、ダイエット中は、薄味にしたほうがベターです。
そもそも料理は、調味料ではなく素材の風味を楽しむものです。おいしい料理をいただくためにも、味つけは、だしやスープをきかせた上品な薄味が基本です。薄味にする秘訣は、まず砂糖を減らすことです。甘辛く煮るものなどは甘さが減れば、塩分も少なくてすむので、比較的スムーズに薄味にできます。

味が薄くてもおいしいモノを食べるポイントはやはり出汁をしっかりとったり酸味をうまく活用することにあります。高血圧の方は、減塩が絶対条件ですので高血圧の人の食事から薄味にする方法を見いだすと簡単にみつかります。

たとえば、高血圧改善のサイトでは減塩を成功させるには5つのポイントがあると言われています。

  1. 見た目を美しく
  2. 刺激を利用する
  3. 香りを利用する
  4. 酸味を利用する
  5. だし汁を利用する

ダイエット中の人もこうした高血圧の人の食習慣を参考にするのがおすすめです。

インスタント食品はダイエットの時にはNGというのは本当でしょうか?

Question

インスタント食品はダイエットの時にはNGというのは本当でしょうか?

Answer

市販のインスタント食品やレトルト食品、チルド食品、冷凍食品は、いずれもみんなの口に合うように、ラードのような油脂類を比較的多く使い、口当たりよく仕上げてあるのが一般的です。
つまり、エネルギーが高くなりがち。そのうえ味も濃く、化学調味料や食品添加物なども多く含まれています。しかも、買ってきたものを食卓に並べてみると、どうしても野菜の量が少ないのが普通です。
これらの点から、3食ともインスタント食品に頼りきるということになると、栄養のバランスがかたより、肥満の原因になりがちです。
ただ、現実問題、これらのインスタント食品を全く利用しないわけにはいかない、というのが現状ではないでしょうか。たいせつなのは、他の食品とバランスをとって食べるということです。これなら、一概に太る原因になるということはありません。
実際、インスタント食品を利用したメニューによって、栄養のバランスをとりながらやせよう、という本も出版されています(主婦の友社刊、塩澤和子・枝元なほみ著「コンビニエンスダイエットBOOk」)。

コーヒーはダイエット時にはNGなのでしょうか?

Question

コーヒーはダイエット時にはNGなのでしょうか?

Answer

コーヒーに関して言えば「飲み方」ポイントです。ブラックで飲むのであればエネルギー的に何も問題ありません。ただ、砂糖、ミルクなどをたっぷり入れれば、もちろんエネルギーはアップしますし、それ以上に問題なのは、そんなコーヒーを飲みつづけていると、味覚が鈍感になること。繊細な味覚を失うと、ドカ食いや絶え間ない間食につながるおそれもあるので注意が必要です。
また、カフェインが含まれるので昼間の間に飲み過ぎると夜眠れなくなります。睡眠時間を十分に確保できないと太る原因になります。
コーヒーが大好きでどうしても飲み過ぎてしまう習慣が改善できずに眠れなくて困っている人は、こちらのアロマを使った方法がおすすめです。

牛乳の飲み過ぎは太ると聞いたことがあるのですが

Question

牛乳の飲み過ぎは太ると聞いたことがあるのですが

Answer

ほんとうです。牛乳は9割が水分ですが、あとの1割の中には糖質、タンパク質、脂肪、カルシウム、ビタミン2 などが豊富に含まれています。
特にカルシウムの補給源としては、たいせつな食品です。1日1~2杯なら、まさに健康飲料ですが、水がわりにガプガプ飲んでしまうのは、ダイエット中にはちょっと考えもの。
必要以上にとることは肥満につながるのです。牛乳は140mlで80kcalですから、水がわりにと、たとえば1パック、1000mlも飲んでしまうと、なんと約80kcal もエネルギーをとることになります。
1日に牛乳を多量に飲む習慣のある人はスキムミルクやローファット牛乳にして、1日に多くても400mlにまで減らす必要があります。

ビールは太るがワインやウィスキーであれば大丈夫?

Question

ビールは太るがワインやウィスキーであれば大丈夫?

Answer

いいえ。カロリーゼロ、エネルギーゼロの水と違い、アルコールが入っているのでどんなお酒にももエネルギーはあります。たとえば油脂は1gあたり9kcal、たんぱく質や糖質は1g、4kcalに対して、アルコールは1gで7kcalです。(ただし、アルコールは、体内に入ったあと、汗や呼気の中に排出されるので、実際にエネルギーとなるのは5kcalともいわれます)。
また、アルコールのエネルギーは、その度数(アルコールが含まれている割合) に比例します。ですから同じ量でくらべるなら、ウィスキーや焼酎はもちろん、ワインや日本酒のほうがビールよりも高エネルギーです。かといってビール大びん1本663kcalもの量を飲めば、やはり高エネルギーになることには変わりありません。いずれにせよ、ダイエット中はお酒を飲まないか、できるだけ控えるほうが体のためにもダイエットのためにもよいでしょう。

お酒を中断せずにできるダイエット

Question

お酒を中断せずにできるダイエット

Answer

ありません。
少量ならば百薬の長といえるアルコール頼も、飲みすぎればダイエットの敵といえるでしょう。というのも、アルコール類はすべて高エネルギーだからです。

特に、甘いカクテル類は要注意。そのうえ、アルコールは胃液の分泌を促して食欲を高める作用があります。食前酒をやめるのはもちろん、飲みながらの食事も感心できません。
ダイエットを肝に銘じていても、飲むほどに酔うほどに抑制がきかなくなり、いつの間にか過食していることが多いからです。
ダイエットを心がけているのなら、アルコール類は「たしなむ程度に」 を心がけてください。

具体的には、ご飯1膳程度のエネルギー量にとどめることです。そして、つきあいなどで、やむをえず量を越したようなとき、飲んだ分だけ何を減らすかということならば、やはり食事の際のご飯の量を減らします。

ただし、毎回ご飯を抜いてアルコールを飲むと、エネルギー量は変わらなくても、お米に含まれる他の栄養素がとれません。

飲酒は週1~2回に捜え、ご飯との交換もせいぜい週1回までにしてください。

飲み始めると止まらないという人は、飲む前に水かお茶をコップ1杯飲んでおくといいでしょう。酒量はのどの渇きにとても影響されるので、お酒を飲む前にのどの蒔きをいやしておくと、それほど飲めなくなります。

また、おつまみも、チーズやピーナッツなどのようにエネルギーの高いものはもってのほかです。焼き魚や酢の物など、食事用のおかずを利用tます。ただし、薄味にすること。薄味のおつまみは、お酒の量を控えることができると同時に、摂取エネルギーを抑える役目もします。
「お酒をたしなむ」ことでストレスも軽減できるのであればいいのですが、さまざまな制約の中で逆にストレスになるようでしたらこれを機にやめてしまうのもいいでしょう。

食前に甘いものを食べるとダイエット効果がある?

Question

食前に甘いものを食べるとダイエット効果がある?

Answer

ダイエット中、いちばん苦しいのが、空腹をがまんすること。そんな空腹状態で食事に臨んでもどか食いをまねきやすくのは当然です。そこで食前に、アメ玉1個をなめるだけで、血糖値がほんの少し上がり、確かに空腹感がやわらぎます。アメ玉は1粒10kcal前後なので、問題になりません。ただ、これは、あくまで「だまし」で、ダイエット効果といえるほどのものではありません。また、いうまでもなく、アメ玉であっても食べすぎはダイエットには逆効果です。

食事を1食抜いてもケーキを食べたい

Question

食事を1食抜いてもケーキを食べたい

Answer

ケーキは、脂肪と糖質にかたよった過剰エネルギー食品の代表です。たとえばチョコレートケーキ1切れで、ご飯約2膳分と同等です。
しかも、脂肪と糖質を同時にとると、互いに吸収を助け合い、体脂肪の割合が上がるという研究結果が出ています。
これでは、まさに太るために存在する食品といってもいいすぎではありません。こんな食品と、体が必要とする各栄養素を補給するための食事を交換することはできません。

砂糖より蜂蜜やダイエット甘味料のほうがいいのでしょうか?

Question

砂糖より蜂蜜やダイエット甘味料のほうがいいのでしょうか?

Answer

まず、蜂蜜から検討してみましょう。一般的に蜂蜜は低エネルギーで滋養食品といいます。また、ビタミン、ミネラルも含まれるというような話をよく聞きます。
しかし、これをまるごと信じて、蜂蜜をたっぷり使ってしまっては、いままでのダイエットの努力も水の泡です。確かに上白糖100g=384kcalに対して蜂蜜は100g=294kcalで低カロリーです。 です。しかし、蜂蜜は液体であるため、同じスプーン1杯分の量なら、蜂蜜のほうが重量が大きくなり、砂糖のほうが低エネルギーになります。
また、砂糖より蜂蜜のほうが、体内に入って脂肪に変わる率が高いともいわれます。

次にダイエット甘味料ですが、砂糖などとくらべると確かに低エネルギーです。ただ、ダイエット甘味料を使っていると、いつまでも甘い味から離れられないうえ、使いすぎると甘みに鈍感になり、そのうちほんとうの砂糖がほしくなったり、甘いもののドカ食いの習慣が復活するおそれがあります。できるだけ避けたいものです。

ダイエット中は甘いものはNGですか?

Question

ダイエット中は甘いものはNGですか?

Answer

そんなことはありません。ダイエット中でも、食べたければ、食べてもいいのです。「食べてはいけない」と決めてしまうと、心理的な負担がかかるわけで、意識すればするほど、それを抑えるために大きなエネルギーを注がなくてはなりません。甘いものはタブーと思うと、かえって食べたくなるものです。その結果、がまんしきれず、つい手が出てしまい、自分の意志が弱いことを自分で責める、といった罪悪感がつのるとになります。
そんなプレッシャーをかかえるくらいなら、食べたいときは食べればいいのです。ダイエットを中断するきっかけになることが避けられて、かえっていいくらいです。ただし、食べすぎないことは当然として、食べ方にたとえば次のような工夫をこらしてみましょう。

  1. 毎日食べない
  2. 週に1度だけ食べてもいい日を決める
  3. ダイエットの目標の一地点を達成したお祝いの時に食べる

なお、同じ甘いものでも、ケーキよりは和菓子のほうが低エネルギー。食べるなら和菓子がおすすめ。