ご飯などの主食をやめておかずだけにすれば痩せることは可能でしょうか?

Questionp>
ご飯などの主食をやめておかずだけにすれば痩せることは可能でしょうか?

Answer

痩せるかもしれません。ご飯、パンなどの主食は、糖質が多くの割合を占めています(お米の76%は糖質)。そして日本人の肥満の原因の多くは、糖質のとりすぎにあったとされ、しかも、糖質は体内に貯蔵されやすい栄養素だからです。

ところで、糖、タンパク質、脂肪の3大栄養素のうち、いちばん早く燃えてエネルギーになるのも糖質です。
ご飯やパンなどを食べないことで糖質が体に入らなければ、かわりに脂肪やタンパク質が燃えて、エネルギーを補給しなければなりません。
そのため脂肪もタンパク質も体内に蓄積されず、やせることにつながるでしょう。
しかし、エネルギーの代謝を考えたとき、糖質が先に燃えてこそ、タンパク質や脂肪も完全燃焼できるのです。いいかえれば、糖質には脂肪やタンバク質の代謝を助ける働きがあるのです。糖質のかわりに脂肪が燃えると、血液中にケトン体という物質がふえ、体によくありません。

また、糖質をとらないと、脳の唯一のエネルギー源であるブドウ糖を摂取できず、頭の働きが鈍ってきます。つまり、体内での代謝を円滑にし、脳の働きを正常に保つうえで、糖質を毎日一定量はとる必要があるのです。

結論としては、ご飯やパンなどの主食類は、もちろんとりすぎてはいけませんが、健康的にやせるためには不可欠ということです。栄養のバランスを考え、糖質は1日最低100gはとるようにしましょう。

なお、食事のときにご飯かパンを食べると、適度な満足感が得られ、かえって間食をしないですむことも見落とせません。果物にも糖質が含まれていますが、同じ糖質であっても果物に含まれる「果糖」は吸収がよく、太りやすい糖分です。果物は、ご飯がわりにはできません。

肥満はどういった病気につながるでしょうか?

Question

肥満はどういった病気につながるでしょうか?

Answer

通常、太っていると体の動きが鈍くなり、疲れやすくなります。余分な脂肪組織もしっかり養わなければならないため、心臓にも大きな負担がかかり、動悸や息切れ、めまいなどの症状があらわれてきます。
こんな状態が長くつづくと、動脈硬化を促進し、高血圧や、心筋梗塞などを引き起こすことになりかねません。また、太っていると高脂血症になり、高尿酸血症や胆石、脂肪肝などの肝機能障害、糖尿病などの事態を招きがちです。
そのほか、体重が重いため、体を支えている腰に負担がかかって腰痛を起こしたり、足をねんざしたり骨折したりしがち。股ずれに悩まされる肥満者も珍しくありません。
女性特有のものとしては、卵巣機能異常による月経異常や月経不順、不妊症があげられます。最近では子宮ガンや卵巣ガン、乳ガンなども、肥満している人のほうがかかりやすいことがわかっています。

ある保険会社の調査によると、太りすぎの人の病死率は、普通の人より高いという結果が出ていますし、交通事故にあう確率も高いといわれています。
このように、太っていていいことはほとんどといっていいほどありません。たとえ現在は健康でも、太っていることは病気の原因を育てているようなものであることを肝に銘じてください。

女性がお産の後に太ってしまうのは?

Question

女性がお産の後に太ってしまうのは?

Answer

妊娠、出産後に体重が増えてしまう人もいます中には出産前よりも10kg以上太ってしまう人もいます。その理由の1つはホルモンの変化のせいです。
出産時期は、さまざまなホルモンの作用で、胎児を発育させるために食欲が高まるのですが、産後は自然の摂理で元の食べ方に戻って、本来はやせてくるはずなのです。ところが、.最近はそれがうまくいかない人がふえています。まず、妊娠時にはずみがついて必要以上に食べる、産後も、体はおだやかな新陳代謝に戻っているのに依然として食べつづける、こうして結局は太ってしまうわけです。

中年太りや更年期時の肥満の原因

Question

中年太りや更年期時の肥満の原因

Answer

中年太りは男女問わず共通の悩みです。男性の場合は、働き盛りで接待やつきあいでお酒の席がふえて食生活が不規則になったり、食事のバランスがくずれるために太ると考えられます。
女性の場合は、家庭生活が安定し、精神的にゆとりが出ることが1つの理由と考えられます。それに、中年になると男女ともに運動不足になりがちなことも見落とせません。
更年期に入ると、急に太る女性が出てくるのは確かです。これは、卵巣の機能が低下して、ホルモンの状態がアンバランスになり、その結果、新陳代謝が低下してしまいます。そのため、体の中に入った食物がうまくエネルギーとして燃焼されないで、脂肪として体内に蓄積されてしまうからです。

1日何食にすれば痩せやすいのでしょうか?

Question

1日何食にすれば痩せやすいのでしょうか?

Answer

この質問の趣旨が「何食に減らせば」ということであれば答えは「NO」です。
痩せるどころか、かえって太ることにもなりかねません。

これは、食事の回数が減り、間隔があくと、食べ物が補給されなかった場合に備え、食べたものを脂肪として体に蓄えようとする作用が働きやすくなるからです。
また、「次にいつ食べられるかわからない」という防衛本能から、胃や腸の消化吸収能力が非常に高まることもあげられます。さらに、1食抜いた、という安心感がドカ食いを招きがち、という心理的傾向も見のがせません。
今度は逆に食事の回数をふやしたらどうでしょう。実験では、同じ量の食事なら、4回、5回と分散するほど太りにくいといわれています。ですから、ダイエットのためには、1日分の食事を多くの回数に分けて食べるはうが効果的というわけです。

少量しか食べていないのに太る理由

少量しか食べていないのに太る理由

Android

ふたつの理由があります。ひとつは体質の問題です。人より少量の食事で体を維持できる体質であるため、消費エネルギーが節約され、余った分が脂肪として蓄えられて太ってしまうのです。
もう1つは、やはり消費エネルギーを上回る量を食べているからです。少ししか食べていないと自分では思っていても、1日に食べたものを全部書き出してみると、意外に食べているものなのです。たとえば昼食にケーキとジュースをとったとしたら、量的には少なく見えても、エネルギーはかなり高めというわけです。

「ダイエット」の言葉の意味

Question

「ダイエット」の言葉の意味

Answer

「ダイエット」という言葉は元来、ギリシャ語で一語のdiata(生き方) を語源としています。本来は「日常の食べ物」という意味で、特に健康を維持するための規定食をさしていました。
規定食というのは、糖尿病や、鮎嘩柄、腎臓病などの治療のために、医師の指導のもとで、エネルギー量やタンパク質、塩分などを制限した食事のことです。
しかし近ごろは、健康や美容を保つための、中でも特に肥満を解消するための食事や食事のコントロールをさすようになりました。さらに最近では食事に限らず、拡大解釈して、やせるための方法一般をさすことも多いようです。

早食いが肥満の原因になる理由

Question

早食いが肥満の原因になる理由

Answer

単純に早食いが肥満の原因とはいい切れませんが、太っている人に早食いの傾向があるのはほんとうです。
一緒に食事をするとよくわかるのですが、普通の人より食事が早く、こちらは、まだ半分も食べ終わっていないのにもう食べ終わっていたりします。

ところで、おなかがすいたり、いっぱいになったりという感じは、実は、脳の中にある摂食中枢と満腹中枢によってコントロールされています。
この2つの中枢は、主に血糖値(血液中の静の量) に左右され、血糖値が高くなれば満腹中枢が働いて空腹感がおさまり、逆に、血糖値が低くなれば摂食中枢が働いて空腹を感じます。

つまり、もうおなかがいっぱいという感じは、食べ物の一部が消化吸収され、血糖値が高くなって起こるわけです。一般に満腹サインともいうぺき血糖値は、健康な人で140~150mg/dlぐらいと考えられています。
血糖値がこの数値にまで上がるには、食べ始めてから約30分かかります。

ところが、早食いすると、満腹中枢が刺激される前に食事が終わります。まだ満腹中枢が刺激を受けていないため、食べた気がしないし、体はさらに食べることを要求します。
こうして、満腹中枢が働くまでに多く食べてしまうことになり、結局太ってしまうのです。
やせるには、食事には少なくとも15分以上はかけることです。ひと口20~30回以上、よくかんでゆっくり食事をすれば、腹八分目で満腹感が得られます。よく噛んで食べるのは自律神経が安定して体調もよくなるのでおすすめです。

噛むことで得られる8つの効果 – よく噛んで食べるという咀嚼健康法
https://memo-note.com/chew/2019/01/8.html

ダイエット中の夜遅い食事がNGな理由は?

Question

ダイエット中の夜遅い食事がNGな理由は?

Answer

「夜食は太る」とよくいわれますが、これはほんとうです。人間の体は、昼間は交感神経の働きが活発で、夜は逆に、副交感神経の働きが活発となります。
交感神経が働くと、脂肪を分解するホルモンが分泌されますが、副交感神経では、昼間失ったエネルギーを補い、あすに備えて脂肪を蓄積する状態がつくられます。
つまり、100kcalの食品は、いつ食べようと同じ100kcalですが、夜食べると、そのエネルギーはほとんど使われず、夜中に脂肪組織としてしっかり体内に蓄えられてしまうのです。
ですから、早寝早起きをして夜食は食べないにこしたことはありませんし、夕食は軽くし、寝る2〜3時間前には何も口にしないことがやせるための鉄則といえます。なお、おなかがすきすぎると、イライラして眠れないという状況にある人のみ、就寝1時間前の夜食なら食べてもかまわないとすることもあります。
ただし、1日の総エネルギーの中に夜食分も入れて、1日4食のつもりで食べることです。また食べるものは軽いものにすること。牛乳をあたためて飲む、あるいは果物を少し食べる程度にとどめます。間違ってもラーメンやパスタといった高カロリーのものはダイエットの意味がなくなってしまいます。

交感神経について

食欲と関係のある神経に、交感神経と副交感神経がありますが、この2つについてです。大脳から出ている神経繊維に「自律神軽」というのがあり、内臓や血管はこの神経に支配されて動いています。

この自律神経は、「交感神経」と「副交神経」という2つの神経から成り立っています。交感神経は戦闘の神経ともいわれ、さあ、仕事をしよう、勉強をしようというときこの神経が興奮し、脳や心腹などに血液が集まり、全身に活力と緊張感がみなぎってきます。
この神経が働いているときは、胃腸の働きが抑制されて空腹感がなくなるのが普通です。

これと逆の働きをするのが副交感神経です。これは、いわば休息の神経で、この神経が働いているときは、心腹の鼓動もゆったりして安らいでいますが、
その一方で、胃腸の働きは活発になり、消化吸収が盛んになって食欲が高まります。
一般に、仕事などしなければならない明るい時間帯には主に交感神経が、夜、眠っている間は体を休ませるために副交感神経が働くシステムになっています。
そして1日の中でも、食事に限らず、運動やストレスなど、さまざまな状況に合わせて、この2つ神経がじょうずに体調のバランスを保つように働いているのです。

外食の頻度が高いと肥満になるのは何が原因でしょうか?

Question

外食の頻度が高いと肥満になるのは何が原因でしょうか?

Answer

おおむね次の2つの理由が考えられます。1つは、栄養のバランスがくずれることです。外食は糖質や脂肪が多く、たいせつなタンパク質や野菜がどうしても不足がち。
もう1つは、高エネルギーのメニューが多いことです。外食は、ボリュームアップさせるために、揚げ物は衣が厚くついていたり、味をマイルドに仕上げるためにラードを使っていたりして、家庭料理とくらべ、エネルギーが高くなっています。外食は2~3日に1回に抑えることです。どうしても外食生活をせざるをえない場合は、外食メニューの中から、できるだけ栄養的に満足できる、ダイエット向きのものを選ぶことがたいせつです。和食が特におすすめです。お弁当であれば幕の内弁当のようなものがいでしょう。