若返りホルモン DHEA サプリでも摂取できる

若返りホルモン DHEA サプリでも摂取できます。「太らない体」をつくるには、サプリメントの力を借りるのも賢い方法です。私自身も、「中年太り」のもとになる老化が進行している方には、まず運動、食事、睡眠の改善を指導しますが、食事を改善する補助としてサプリメントを利用するのもひとつの有効な方法であると考えています。

サプリメントを利用する目的は食事で不足しがちな栄養素を補うことですが、もう1つ、体の「酸化」を食い止める・つまり「体の錆び」を落とすという重要な役割があります。
また、不足して体の不調を招いているホルモンを補うためにも使います。サプリメントによって、より効果的に老化を進みにくくすることができるのです。

太らない体の為に DHEA サプリ

「太らない体」をつくる賢いサプリメントの使い方を紹介したいと思います。

まずご紹介したいのが、本サイトのキーワードにもなっている 「 DHEA 」 です。この若返りホルモンをそのまま補えるサプリメントがあるのです。私がおすすめする 「 DHEA 」 のサプリメントは合成ホルモンではなく、ヤムイモという植物から抽出した成分です。

DHEAのサプリはこちら

男性ホルモンの血中濃度が減少すると、筋力の低下が起こり、「何かをしよう」とう意欲やいう意欲や「がんばろう」という気力が失せていきます。
うつ病と間違われる場合も歩く速度が以前に比べて遅くなった感じがする、通勤経路は変わらないのに、駅の階段を上ると息切れがする、姿勢が悪くなった… これらは筋力低下の兆候です。

また、1ヶ月に2回は映画館や芝居に出かけていたのに、最近は足が遠のいてしまった、おいしい店があると聞けばすぐに行っていたのに、ここ3ヶ月はグルメ歩きをしていない、外出の際の服装でも量販店で売っている安い服ですませるようになった…といぅ変化があった場合、意欲の低下が生じているのかもしれません。こうした症状に、心当たりはありませんか。もしあるようでしたら、体の老化が進んでいるということかもしれません。

若返りホルモン「DHEA」のサプリメントと、栄養バランスを整える「マルチビタミン」「マルチミネラル」を合わせて飲むことをおすすめします。

体のためになること

若返りホルモン「DHEA」が健康にも影響する

人を若返らせるそんなホルモンがあります。それは「DHEA」。正式には「デヒドロエビアンドロステロン」というホルモンです。コレステロールを原料にして、副腎皮質でつくられています。
「DHEA」は、男性ホルモン(テストステロン)や女性ホルモン(エストラジオール))の材料になるほか、多様な働きをしています。
筋力、免疫力から意欲、行動力まで、多くの機能を維持し、さらには発がんの抑制、骨粗鬆症の予防といった働きも認められています。

近年、欧米で「DHEA」の研究が進み、「DHEA」の血中濃度が低い人に「DHEA」を補充すると、若々しく、元気になることがわかってきました。
このことから、「DHEA」は「若返りホルモン」と言われるようになったのです。
数年前まで、「DHEA」は歳をとるにつれて分泌量が減少するとされていました。
その血中濃度は25歳ころをピークに、40代で約半分に低下する、とまで言われていたのです。しかし、最近の研究結果は、少し違った見解を示しています。高齢でも若々しく元気で活動的な人は、「DHEA」の血中濃度が20代とあまり変わらないことがわかってきたのです。
あなたの今の「DHEA」血中濃度は、はたしてどれくらいでしょうか。「DHEA」の血中濃度が低くなると、次のような「3つの低下」症状が出てきます。

  1. 「筋肉量」「筋力」が低下する
  2. たとえば、階段や坂道を上るのがきつくなります。さらには、つまずいたり、筋肉痛になったりすることが多くなります。

  3. 「免疫力」が低下する
  4. たとえば、傷が治りにくくなったり、かぜをひきやすくなったりします。

  5. 「意欲」が低下する
  6. 仕事に対するやる気を失うだけではありません。これまで好きだったこともおっくうに感じるようになります。

「DHEA」の血中濃度が下がる一大要因は、やはりストレスです。ストレスホルモンも「DHEA」も、コレステロールを原料として副腎(腎臓の上にあり、多くのホルモンを分泌する器官) でつくられます。
そこで、強いストレスに対応するためにストレスホルモンが大量につくられると、コレステロールが不足するつまり、「DHEA」は「材料不足」に陥ってしまうのです。

すると、さまざまな不調が現れます。「DHEA」は、男性ホルモンの材料でもあります。男性ホルモンは、男性だと精巣(華丸) でつくられています。女性は副腎や脂肪でつくられます。性機能のほか、筋肉量や筋力の維持にもかかわっており、「活動する力の源」とも言うべきホルモンです。
つまり、若苦い体、太らない体に不可欠なホルモンと言えます。

ところが、現代人は、とくに男性ホルモンの分泌低下が進みやすい、と言われています。現代人は、絶えずストレスにさらされています。そのため、「DHEA」から男性ホルモンをつくる過程で、しょっちゅうストレスホルモンの過剰分泌の妨害を受けてしまうためと考えられています。若々しい心身を復活させ、維持するためには、適切な休養と睡眠をとって、ストレスをやわらげなければなりません。