老化を止める方法、まず「酸化・糖化・ホルモン変化」を防ぐ

人間の本来の寿命は、125歳と言われています。しかし実際は、その歳まで長生きする人はきわめてまれです。日本人の平均寿命は83歳、つまりほとんどの日本人は、125歳どころか100歳になる前に亡くなっています。

糖尿病、心臓病、脳卒中、がん…寿命を縮める病気のほとんどが、「老化」がもとになって発生します。この「もと」を抑えることができれば、寿命を縮める病気を予防することができ、いつまでも苦々しく元気でいられるのです。40代はすでに老化が始まっている自分の体が不安になってきた人は、以下の「老化度自己チェック」で調べてみてください。5項目以上にチェックがつけば、間違いなく体の老化が始まっているということです。
そして、本人が気づいていないだけで、すでに老化によって「太りやすい体」になっている人もいるはずです。

そこで、老化そのものを食い止めるようにすれば、今からでも「太らない体」をつくることができるのです。ただし、老化には「止められる老化」と「止められない老化」があります。「視力が低下した」「息切れがする」「顔にシワやたるみができた」「肌が荒れた」「髪が薄くなった」といった老化現象や生活習慣病、がんなどの病気には、「止められるもの」と「止められないもの」があるのです。

「止められない老化」とは、歳をとると必ず起こる細胞やホルモンの機能低下です。歳を重ねると誰もが避けられない老化現象ですから、止めることができません。一方、「止められる老化」とは、どのようなものでしょうか。40代を迎えた体には、「3つの大敵」があります。

  1. 活性酸素による酸化
  2. タンパク質の糖化
  3. ホルモン分泌の変化

「老化度自己チェック」

  1. 駅の階段などですぐに息ぎれをおこす
  2. 食後に胃のむかつきがある
  3. 下痢・便秘をしやすい
  4. 歯磨き時に出血する。口臭が気になる
  5. 息苦しい。または咳やたんが増えた気がする。
  6. イレの回数が増えた。またはときどき尿モレする。
  7. 喚覚、視力、聴力のうち1つでも低下している。
  8. 意欲や記憶力が低くなった気がする。
  9. シミ、シワ、タルミのうち1つでも気になる。
  10. 関節痛がある。または筋力低下が気になる。
  11. 寝つきが悪い。または眠りが浅い、早朝に目覚める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください