1日1個の卵がこんなにも効く

卵を食べるとコレステロール値が上がる長い間、広く信じられてきた「常識」ですが、じつは間違っています。それどころか、卵を食べるとコレステロール値が下がると言ってももいいくらいなのです。

30年ほど前、ロシアの学者が、ウサギに卵を食べさせたところ血液中のコレステロール値が上昇し、動脈硬化が進行したという実験結果を発表しました。以来、卵がコレステロールを上げる、という説が常識になってしまいました。しかし、そもそもウサギは草食動物です。食べたこともない卵を餌に入れられたら、特異な変化が起きて当然です。
アメリカでも1960年代、卵黄にコレステロールが多いとして、健康のために卵を控えるべきだという考えが広まりました。

ちなみに高コレステロールになる重要な6つの原因はこちらです。コレステロールについては正しい知識が必要です。

以降、数々の研究、実験が重ねられたところ、人間ではコレステロールの上昇は見∫ られないことが確かめられています。逆に、「毎日数個の卵を2週間食べつづけた結果、血中コレステロール値が下がった」という結果も出ているほどです。

そもそも、人間の血中コレステロールのほとんどが肝臓でつくられます。食材中のコレステロールが、そのまま血中コレステロールとなる割合は少ないのです。ですから、卵が持つコレステロールが血中に流れ出すことは、ほとんど考えられません。

卵は人間に必要な20種のアミノ酸をほぼ完壁なバランスで含んでいる、数少ない優良食材です。老化防止になる抗酸化物‡ も含まれていて、「体のサビ」を落としてくれるのですから、「太らない体」をつくるためには、安心して食べてもらいたい食材です。

一番いい卵の食べ方は、半熟ゆで卵か温泉卵。消化器への負担が少ないからです。半熟卵1個の消化に要する時間は1時間半。生卵、ゆで卵はそのほぼ1.5~2倍かかります。玉子焼きになると2倍以上になります。スクランブルエッグは加熱によって卵黄が酸化してしまうので、避けたほうがいいしょう。「活性酸素」と同様に、体への酸化作用があるからです。

卵は毎日叫日、1個 こう決めれば、卵はあなたの「太らない体」づくりに、大きく貢献してくれる食材なのです。卵は完全食品といも言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください