女性がお産をすると太るのは?

Question

女性がお産をすると太るのは?

Answer

妊娠・出産後に太ってしまう女性が多いのは事実です。中には10kg以上も増えてしまう人もいます。その理由の1つはホルモンの変化のせい。出産時期は、さまざまなホルモンの作用で、胎児を発育させるために食欲が高まるのですが、産後は自然の摂理で元の食べ方に戻って、本来はやせてくるはずなのです。ところが、.最近はそれがうまくいかない人がふえています。まず妊娠時にはずみがついて必要以上に食べる、産後も、体はおだやかな新陳代謝に戻っているのに依然として食べつづける、こうして結局は太ってしまうわけです。

中年太りや更年期の肥満はどうして起こるのでしょうか?

Question

中年太りや更年期の肥満はどうして起こるのでしょうか?

Answer

中年太りは男女ともにこの時期の共通の悩みです。男性の場合には働き盛りの時期で接待などがふえて食生活が不規則になったり、食事のバランスがくずれるために太ると考えられます。
女性の場合は、家庭生活が安定し、精神的にゆとりが出ることがⅠつの理由と考えられます。それに、中年になると男女ともに運動不足になりがちなことも見落とせません。
更年期に入ると、急に太る女性が出てくるのは確かです。これは、卵巣の機能が低下して、ホルモンの状態がアンバランスになり、その結果、新陳代謝が低下してしまいます。そのため、体の中に入った食物がうまくエネルギーとして燃焼されないで、脂肪として体内に蓄積されてしまうからです。

失恋すると太る場合は?

Question

失恋すると太る場合は?

Answer

失恋で全く食欲がなくなりやせてしまう人もいれば寂しさを食で満たそうと食べ過ぎてしまい、短期間で太ってしまう人もいます。なぜやけ食いが始まるかは次の理由によります。
食欲は、大脳視床下部にあ姦中枢にコントロールされています。この中枢は満腹と空腹の2つの中枢から成り立っていますが、空腹中枢の近くには「A10神経」という神経繊維が通っています。これは快感神経とも呼ばれ、快感を促す働きがあります。
ところで、失恋したり人間関係のトラブルなどが起きると、脳の中に一種の麻酔剤(脳内麻酔剤) が分泌されます。すると、これによって快感神経が刺激され、同時に近くに走っている空腹中枢までが刺激されてしまい、猛然と食欲が起きてきます。これが太ることにつながるのです。