眠りの質も食事が大きく影響する

寝る3時間前の食事は肥満のもと、2時過ぎの食事は絶対にNG! というダイエット法もあります。ただ、これも人によって合う・合わないがあるでしょう。

夜の飲食業の方やモデルさん、女優さんたちは深夜や明け方、寝る前に食事なんて当たり前の生活ですが、みなさんやせてますよね。

こんな単純な事実からしても食べる時間によって、必ず太るとかやせるというワケではないのがわかります。お腹が空いているのに我慢して食べずに寝ても、ぐっすり眠れない人もいるでしょう。そういう人はしっかり食べてぐっすり寝る方が幸せで、目覚めもよく元気に過ごせるはずです。

睡眠でいえば、特に2時から翌2 時までの4時間に眠ると成長ホルモンの分泌が盛んになり、肌の再生も活発になるといわれています。いわゆる美肌のゴールデンタイムの睡眠はできるだけ守りたいところ。
ゴールデンタイムの睡眠を生活習慣に活用すれば肌も美しくなる

空腹で眠れなかった ということになる位なら、遅い時間でも食事はした方がいいでしょう。

例えば残業がある日、遅い時間に夕食をとるよりは、と早めに夕食をしたとします。急いで食べた食事は満足感がなく、消化もよくありませんし、食事の後は胃に血液が集中するので、実は仕事の効率が下がってしまいがち。

だったらさっさと残業を終わらせて、少々遅くなってもいいから夕食をしっかりおいしくいただく方が満足感があって栄養の吸収がいいだけでなく、仕事の効率もいいはずです。

遅くまで働いて、手間をかける気力がない時の晩ごはんは簡単なものでよいでしょう。スープにお餅を入れるだけのお雑煮でもいいですし、さらさらっとお茶漬けでも体が温まるし手軽です。
白米に卵としょうゆを入れてかきまぜた卵かけご飯は、残業で疲れた脳の栄養補給にもなるでしょう。お腹が減って寒くて眠れない女より、お腹いっぱいポカポカでぐっすり眠れる女性の方が意外に太らいないはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください