米、肉、油を意識する

長い間、肥満や生活習慣病などの原因は栄養のとりすぎだといわれていました。確かにとりすぎている人もいますが、逆に栄養が足りない人の方も多いのです。

糖質が足りないと脳の栄養が不足して食べすぎてしまうこともあるし、たんばく質が足りないと体の代謝がさがり、太りやすくなることもあります。

また良質な脂質が足りないと便が出にくくなって、体内に毒素がたまりやすくなったり、ホルモンバランスを崩すこともあるのです。

「ダイエッ妄成功させるためには、足りない栄養素をプラスすること」これが伊達式の基本中の基本の考え方です。中でもいわゆる3大栄養素は意外に足りてない人が多いです。栄養学的には「糖質・たんばく質・脂質」なんですが、この名称ではピンと来ない人も多いはず。

では

といったらどうでしょう?「私は米・肉・油は積極的にとっています⊥ という人はほとんどいないと思います。

それどころか「太る原因と思ってとにかく減らしている人の方が圧倒的に多いでしょう。ところがこれらは全て「やせるために必要な栄養素」。
そう、食事できちんととれていないから、やせにくくなっている人も多いのです。

肉はあまり我慢しなくてもよいようです。お肉だけではありません。ホルモンをきっちり出すためにも、まずは3大栄養素をしっかりとることが「モテる女」になる最初の一歩です。「米・肉・油」は必須栄養素なのです。

今日からは控えるのではなく、むしろ意識的にとるようにしましょう。ただし、これにも合う人と合わない人がいますから、ひとつひとつ、少しずつとり入れていくようにしましょう。現在、食べ過ぎている人は少し減らしたほうがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください