オイルは質が重要

おそらく、多くの女性は油不足です。油のイメージが未だにテカテカやギトギトになっていませんか?あなたの肌は乾燥してカサカサのシワシワになっていませんか。

「いい油」なら多めにとっても、テカテカ・ギトギトにならないばかりか、それまで体にたまっていた悪い油を排出してくれます。油はきちんと質のよいものを選んでたっぷりとるのがポイントです。また、ダイエットには油はすぐに敬遠されてしまいますが、質のいい油ならむしろダイエットを助けてくれます。
油を味方にする | 太らない食習慣

質のいい抽をとっていると、内側からほどよい油が出てお肌に皮脂のバリアを作ってくれるため、ハリ・ツヤのある肌になっていくのです。
何万円もする化粧品を使わなくても、いい油を厳選することで、しっとりした肌になるのです。いい油というのは1本2000円くらいのものが目安です

ちなみに、口のまわりからアゴにニキビができやすい人は「冷えや油不足」、頻や鼻にぽつんと大きなニキビができやすい人は「悪い油のとり過ぎ」とニキビの原因がわかるほど、油の影響力はわかりやすいもの。

さて、あなたのニキビはどこに出やすいですか。

ここで、ひとつ重要なのは油には「いい油」と「悪い油」の2種類があるということ。悪い油の代表格は「トランス脂肪酸」という加工油で、アメリカやカナダでは食品含有量も制限されているほどです。

「トランス脂肪酸」は体では代謝しにくく、アレルギーやニキビの原因になりやすいといわれています。また、悪玉コレステロールを増加させ、心臓病のリスクを高めたりするため「狂った油」とも呼ばれています。こんなに恐ろしい油ですが、日本ではまだまだ普通に使われているのが現状。

マーガリンヤショートニング、マヨネーズ、植物性コーヒークリーム、植物性油脂などに多く含まれているので、加工食品を買う時は原材科名をチェックしてできるだけ控えるようにしましょう。
菓子パンやクッキー、スナック菓子など普段手にとりやすいものほど、できるだけ上質なものを選ぶようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です