お味噌汁ではミネラルなどの栄養をしっかり摂る

できれば毎食食べてほしいのが汁ものやスープ。最低でも1日1回は食べるのが好ましいでしょう。でも、これも実際に飲んでいる人は少ないでしょう。

夏場ならビシソワーズや冷や汁をいただくのはいいかもしれませんが、基本は温かいものがベストです。なぜなら、温かい汁ものをとると胃の中で食べたものをうまく混ぜて消化できるからです。そして腸にも負担がかかりません。腸は冷えるとすぐに負担がかかってしまいます。
そしてもうひとつ、温かい汁ものは満腹感を感じやすいのです。例えば板チョコを2~3枚一気に食べる人はいますが、ココアを2~3杯一気に飲める人はいないはずです。温かい汁ものはそうたくさんはお腹に入らないように、体はできているのです。
つい食べすぎてしまう人は、汁ものを逸品用意することでダイエット効果も期待できます。

数ある汁ものやスープの中でオススメナンバー1といえばやっぱり「おみそ汁」みそに含まれる大豆のイソフラボンのパワーもあるのですが、実は同時に含まれるたんばく質の方が重要だったりします。

そう、食事でとったミネラルはたんばく質がくつついた方が腸からうまく体の中に吸収されやすいのです。肉類や豆腐、葉ものなどさまざまな具材の持つミネラルを、みそのたんばく質の力で余すところなくとれるのはおみそ汁の大きな魅力。

「栄養をしっかりとる!」点でもおすすめです。

主食やおかずが同じでも、汁ものをつけるかつけないかで吸収される栄養の量が変わるのですから、汁ものなしではなんだか損な気がしますね。

最近ではおかずをスープにして提供する飲食店も増えてきて、以前よりスープ類がとりやすくなったと思います。こういう店もどんどん利用してみましょう。

また、温かくて水分が多いものということで、お茶やコーヒーで代用している気になっている人もいますが、これらにはミネラルが含まれていません。お茶やコーヒーでは水分はとれますが、栄養をプラスすることまではできないのです。

野菜たっぷりのスープやお味噌汁が断然おすすめなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です