好きなものを本能で選ぶ

あなたが一番好きな食べものはなんですか?と聞くと、「特にありません」答える人が多いのは最近の若い人の特徴でしょうか?

食事の好き嫌いというのは、単純に味覚の好みですから「わからない」というのは困ってしまいます。

これは、「食べる」という本能をダイエットや美容のために抑え込みすぎてしまったのでしょうね。もしかしたら、「食べることは悪」と思って、食べる本能を否定しているのかもしれません。

そして、これは恋愛にもつながる話。ふたりの男性にアプローチされて決められなかったり、年収や職業などの条件で選んだりしてしまいます。

それが普通だと思っているのなら感覚は、かなり麻痺した状態です。運命の人を決めるのに直感で「この男がいい! 」ってわからないのはとても問題です運命の人が直感で感じないのに職業やステイタスの条件を優先してしまうケースはうまくいかない場合がほとんどです。

また、相手の顔にこだわって決めるのはそんなに悪いことではないと思います。外見にはその人の栄養状態が全て現れます。貧相な食事をしている人は貧相な顔だし、豊かな食事をしている人は豊かな顔をしているのです。

恋愛は基本的に本能に基づいています。だから、見た目のいい異性を求めるのは当然です。でも、そこで「お金持ちが好き! 」って言っちゃう女性もいるかもしれませんね。子孫を残したいという目的でないならそれもひとつの選び方でよいでしよう。

経済的に誰かに頼って生きていこうと思うと、やはり男の選び方も少し変わってきてしまいます。それよりは、イケメン男子の見た目だけに目が眩んで「この人が好き! 」って熱くなっちゃう方が本能的で、生き物としては、はるかに正しい姿なはずです。

もっとも、経済力を基準に男性を選んでしまう女性もバッと見は美人でキレイだったりします。

流行のファッションを着こなして、メイクもばっちりだけど、人間としてあまり魅力的とは思えない女性のような気がしませんか?
いえ、女性としてというより、人間として、生き物としてちょっと残念な感じがするという方が合っているかもしれません。そして、そんな女性の食事内容はやっばりそれなりなはずです。

食べものも、やっぱり値段を基準に選んでいる場合が多いのではないでしょうか。性欲と食欲は本能だから「好き」に従えば間違いないはずです。
「カロリーが高いから」とか「収入が少ないから」にこだわっていては、本当に自分が求めるものは手に入らないのです。一番好きな男を探すのが難しいようなら、まずは一番好きな食べものを探すことから始めてみると、麻痺した感覚が少しずつ戻ってくるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください