自分に合うものを食べる

「自分が好きになる人と、好きになってくれる人のタイプが違う」というのはよく耳にする「恋愛あるある」のようなものです。
そんな人に逆に聞きたいのですが「あなたは自分自身のことを好きですか?」ということ。
ここで「うーん、あんまり」とか「自分は好きじやないです」と答えるようでは、前述のようなすれ違いが起こるのは当然です。

自分で自分のことを「好きじゃない」限りは、アプローチしてくれる男性とは好みが合いません。だって、相手はあなたのことを「好き」なんですから。この悲しいすれ違いから脱する方法はたったひとつ。自分を好きになることです。

とはいえ、自分のことを否定している女性は意外と多いものです。そんな人にこそ「あなたに合った好きなものを食べましょう」と伝えたいんです。

昔の子どもはいつもお腹を空かせていて「今日の晩ごはんは何? 」ってワクワクして家に帰ってきたものです。でも、今は食事を楽しみにする子どもも減っているようです。

大人になればますます食事は日々の中のひとつのルーティンになってしまっています。忙しい人にとっては、食事の時間でさえ惜しいと思っている人もいるでしょう。

例えば、会社の飲み会やパーティーなどがあった時に、あなたはウキウキ・ワクワクと参加できますか? 「嫌だな、行ったらまた食べちゃう」「お酒とか断れないし、どうしよう」と憂鬱な気持ちになっていませんか?

そういうふうに「食べるのは罪なこと、悪いこと」だと思って食べたものが、体にいい影響を及ぼすはずがありません。逆に「今日のパーティーでは何が出るかな? 」「わー、おいしそう! 」という食べものへの期待感で代謝も上がるというもの。「うれしい」「幸せ」というプラスの感情で食べたものは意外に太らないのです。

パーティーのことだけではなく、日々の食事でも一緒。義務だと思って嫌々食べたり、カロリーを気にしながら恐る恐る食べたものは好きになれない自分をつくる、好きだと思いながら食べたものは好きな自分をつくる。とてもシンプルなことです。そして、好きなものを食べることが理想的な恋愛を始める一番最初のステップなのです。

肉が魅力のもとになる

一般的にいう「モテる女性」の多くは食事にストレスを感じている人はいません。女優さんやモデルさん、ダンサーさんでもトップを極めていて、男性から見ても女性から見てもため息が出るほど魅力的な女性は、食べものとの付き合い方が本当に上手です。

例えば、明日が写真撮影なら「これを食べておくと肌の調子がいいの」というお約束のアイテムがちゃんとあったりします。今までの経験から、自分の体と食べものの関係を把握してうまく食べられています。

この関係性作りがちゃんとできていれば、食事はストレスどころか、楽しみのひとつ・心強い味方になります。だって、それによって自分を思ったように変えられるんですから、まるで魔法のようだと思いませんか?もちろん、その魔法は人によって違います。

例えば、ある野球選手は毎朝カレーを食べるのが元気の源らしいのですが、同じように朝にカレーを食べたら胃もたれする人もいるでしょうし、下手をしたらお腹をこわしちゃう人もいるでしょう。逆に元気を失ってしまう人もいます。
自分に合ったものを探して食べることがとても大切です。

美しい女性、キレイな女性というのは、意外にもは肉食の人が多いのも特徴です。世間的には、野菜や食物繊維をしっかり食べる女性のほうが女性らしくなりそうなイメージですが、肉食のほうがフェロモンもたっぷりです。

肉ばかりの食生活では、栄養的にかなり偏ってしまいます。また、病院では「メタポリック症候群になりますよ」と注意されることでしよう。
でも、実際、世の中には肉をガッツリ食べていて美しい女性がたくさん存在しているんです。体が健康でないと、美容的な美しさはありえません。この理論からすれば、美しい人たちの内臓は当然健康なはずです。

健康と美容をキープするためにを食べるということは、そのまま「生命力」をいただくということです。食物連鎖のピラミッドでは、その頂点には人間がいます。それは生命力の強さの臓位でもあります。トップの人類のすぐ下にあるのが動物(肉)で、そして魚次に植物、と続くのです。ピラミッドで人間の真下にいる動物を食べることで生命力を効率よく取り入れられるというワケなんです。

いつも食べるお肉の牛や豚、馬の躍動感を自分の体に取り入れることで、生命力の強い人間になるようにイメージします。セクシーで生命力に満ちあふれた女性こそが「モテる女」。野菜(植物)ももちろん必要ですが、それだけでは、あふれる生命力は作りきれないのでしょう。

いい女になりたいなら 食事を変えるのが一番

キレイになりたいな、変わりたいなと思った時、あなたならどうしますか?簡単なところでは美容院に行って髪型を変えたり、化粧品や洋服を買いに行ったりしますね。

でも、もっと大きく大変身したいーと思ったら、美容整形に行ったり、ファッションアドバイザーを訪ねたり、ヨガや断食道場に通ってみたり、あるいは趣向を変えて自己啓発セミナーに参加したり、いっそ四国80人箇所をお遍路さん旅で回ってみたり。

女性が変わるきっかけはいろいろありますね。でも、これにもやっばり、その人によって合うものと合わないものがあるでしょう。そこでまずみなさんにおすすめしたいのが、食べものを変えること!

特別に用意するものは何もないし、人によって回数は異なりますが基本的には毎日3回チャンスがある。その中で少し食べものを変えるだけで「変わる」きっかけになるんです。
しかも思った以上に効果的なはず。試さないなんてもったいないと思いませんか。
カウンセリングにいらっしやる方の中には、ダイエット神話に縛られすぎて頭がかなり固くなってしまっている人もいます。そんな人に、まず一番最初にとってもらうのが油。油の種類については後ほど詳しく説明しますが、ダイエットのために油を抜いてしまう人は未だに本当に多いようです。

でも、油が足りていないとまず脳に影響を及ぼし、前向きに考えたり、行動することが難しくなることもあるのです。「え、いきなり脳?」って驚かれたかもしれませんが、脳は半分以上が油でできていて、糖をエネルギーにしている臓器なんですよ。

だから「油と炭水化物(糖)」抜きのダイエットを無理に続けてしまったら、脳はトラブルをおこし、イライラしたり落ち込んだり、集中できなくなることもあるのです。

最近は脳トレと称して、みなさんゲームやドリルを一生懸命やっていますが、それだけでなく脳に材料とエネルギー源を補給することも重要なんです。油不足の脳は働きが悪くなってきたり、最悪の場合は、アルツハイマーなどの原因になることもあるんですよ。

油抜き系のダイエットをやり過ぎてしまうと、脳に問題がおきて拒食・過食というトラブルになる場合もあるでしょう。そこまでいかなくても、油が足りてないと気分的にイライラ・ギスギスしてヒステリックに人や物に8つ当たりするようになったりします。そんな人をとても魅力的だとは思えませんよね。
少しずつ油とるようになって脳がちゃんと働くようになれば、自然と気分も落ち着いて、考え方もやわらかくなるでしょう。ポジティブに他のことへの興味も湧いてきたりするんです。

恋愛でも仕事でも、とにかく脳を活性化した方がいいですよね。脳に油という栄養をガッツリ入れることで脳は元気になって、初めてポジティブに知的に生きることができるはずです。脳トレと一緒に、食べものも見直して相乗効果を狙いましょう。そうすれば、改善のスピードも早くなるはずですから。