肉が魅力のもとになる

一般的にいう「モテる女性」の多くは食事にストレスを感じている人はいません。女優さんやモデルさん、ダンサーさんでもトップを極めていて、男性から見ても女性から見てもため息が出るほど魅力的な女性は、食べものとの付き合い方が本当に上手です。

例えば、明日が写真撮影なら「これを食べておくと肌の調子がいいの」というお約束のアイテムがちゃんとあったりします。今までの経験から、自分の体と食べものの関係を把握してうまく食べられています。

この関係性作りがちゃんとできていれば、食事はストレスどころか、楽しみのひとつ・心強い味方になります。だって、それによって自分を思ったように変えられるんですから、まるで魔法のようだと思いませんか?もちろん、その魔法は人によって違います。

例えば、ある野球選手は毎朝カレーを食べるのが元気の源らしいのですが、同じように朝にカレーを食べたら胃もたれする人もいるでしょうし、下手をしたらお腹をこわしちゃう人もいるでしょう。逆に元気を失ってしまう人もいます。
自分に合ったものを探して食べることがとても大切です。

美しい女性、キレイな女性というのは、意外にもは肉食の人が多いのも特徴です。世間的には、野菜や食物繊維をしっかり食べる女性のほうが女性らしくなりそうなイメージですが、肉食のほうがフェロモンもたっぷりです。

肉ばかりの食生活では、栄養的にかなり偏ってしまいます。また、病院では「メタポリック症候群になりますよ」と注意されることでしよう。
でも、実際、世の中には肉をガッツリ食べていて美しい女性がたくさん存在しているんです。体が健康でないと、美容的な美しさはありえません。この理論からすれば、美しい人たちの内臓は当然健康なはずです。

健康と美容をキープするためにを食べるということは、そのまま「生命力」をいただくということです。食物連鎖のピラミッドでは、その頂点には人間がいます。それは生命力の強さの臓位でもあります。トップの人類のすぐ下にあるのが動物(肉)で、そして魚次に植物、と続くのです。ピラミッドで人間の真下にいる動物を食べることで生命力を効率よく取り入れられるというワケなんです。

いつも食べるお肉の牛や豚、馬の躍動感を自分の体に取り入れることで、生命力の強い人間になるようにイメージします。セクシーで生命力に満ちあふれた女性こそが「モテる女」。野菜(植物)ももちろん必要ですが、それだけでは、あふれる生命力は作りきれないのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください