原形に近い食べ物が太らない

食事の際に「素材の原形に近いか」を気にしたことはありますか?素材に近いものはしっかり噛む必要があるので、歯やアゴを鍛えることもできますし、唾液が分泌されて免疫力も上がり、体を若々しくすることができます。

また、たくさん噛むということは、みなさんご存じの通り満腹中枢が刺激されて、食べすぎ防止にもなりますよね。逆に加工を重ねた食品は、やわらかくて噛まずに食べられるので満腹感が少ないんです。

また、食べすぎてしまう危険性が高く、体内に入ってからも消化吸収にそれほどエネルギーを使いません。結果、内臓が働かずカロリーを消費たしないので脂肪を溜め込みやすい体になっでしまいます。そもそも人間は、自然からほど遠い形の食べものをうまく消化・吸収できるしくみになっていません。加工されたものを消化するのにたくさんの消化酵素を使ってしまうと、代謝に必要な酵素が足りなくなって、やせにくくなることもあるのです。

「加工食品ってやっぱりよくない!」と感じると思うのですが、これが日頃から何となく食べているものだったりします。たとえば小麦製品。小麦は、 本来は「粒」のものを精製し、漂白して「粉」にしているので、その時点ですでに原形でなくなっています。
菓子パンやケーキ、クッキー、パスタ、ラーメン、お好み焼き。小麦粉を使った食品は身近で、手軽に食べられるものが多いので、毎日食べている人が本当に多いと思います。日によっては3食とも小麦粉製品という人もいるかもしれません。

もちろん、ゼロにはできないでしょうし、時々おいしく食べるのは問題ありません。ただ何となく食べるのは控えてほしいもの。

生命力あふれるイキイキとした女性になるためには、できるだけ原形に近い形のものを口にするようにしましょう。例を挙げると、刺身やお寿司、焼いただけの肉などです。こう聞くと、「手抜き料理じゃないの?」と思われるかもしれませんがその通り! お刺身を買う時間がないなら、骨ごと皮ごと食べられるお魚の缶詰でいいのです。

ちゃんとおいしく味つけもされているから、ほかほかご飯に魚の缶詰をパッカンと開けて、海苔やネギ、カイワレをパラパラとかければ立派な井のでき上がり!下ごしらえから時間をかけたグラタンよりも手間のかからない丼の方が体にはいいんです。ポイントはいかに原形に近いかです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください