女性ホルモンとフェロモン

魅力的になって異性を引き寄せるために欠かせないのが、ホルモンとフェロモンだといわれています。名前が似ているので混同している人も多いのですが、まったく別の物質。

モテる女性になるためには、このふたつがどういうものなのかをここでしっかりと覚えておきましょう。まずホルモンですが、女性ホルモンは一生涯のうちでスプーン1杯分くらいしか分泌されないといわれています。
たったそれだけの量で、女性の体を若々つかさどしく保ち、妊娠や出産を司り、生活習慣病や骨の健康など様々な症状から体を守っている、ものすごくパワーのあるものなのです。厳選された素材から搾り、ほんの数滴だけ作られる最高級のダマスクローズのエッセンシャルオイル。

女性ホルモンはそんなイメージを持ってもらえばよいでしょうか。さて、この女性ホルモンをつくつているのが、実はコレステロールという油。エッセンシャルオイルはどんな素材から搾るかで、オイルの質が決まりますよね。ホルモンもまったく同じで、その人がとっている抽の質と量に大きく左右されます。

何よりもまず知っておいてほしいのは、油が足りている人はほとんどいないということ。特にオメガ3という良質な油が足りていた人は、私が食事をみた中ではごくごくわずかです。

75歳になる高齢男性ですが、毎日クルミを食べ、週に2回はお刺身という食生活なのです。もちろんご本人は健康のために無理をしているのではなくて「いやぁ、これが合ってる」と照れて笑うくらい。もちろん彼はお肌もツヤツヤ・ピチビチで元気いっぱい。一見60代くらいにしか見えません。男性ホルモンも女性ホルモンと同じで油がモトになります。うらやましいなと思う女性、たくさんいるんじゃありませんか?

油は女性ホルモンの材料になるだけではありません。美肌を気にする女性はヒアルロン酸やコラーゲンなどを好んでとりますが、ここに油をプラスするとより理想的なんです。皮膚の表面を覆っている皮脂膜は油からできていますし、もっといえば、細胞膜も油から作られているのです。油のバリア機能はとても重要です。

敏感肌や乾燥肌に悩んでいる人も多いと思いますが、その原因のひとつは油不足。ただし、外から補う油ではなくて、細胞に本来あるべき油が不足しているのです。みなさん、化粧水の後に乳液やオイルを塗って肌の水分の蒸発を防ぐケアをしますが、油が足りていれば、自分の肌から分泌される油分でキープできるんですよ。

そしてもうひとつのフェロモンですが、こちらはその人の体臭と混ざって分泌され、異性を惹きつけるといわれる芳香物質です。グループとしてはワキガの成分と同じなんですが、フェロモンは惚れ薬みたいなものでしょうか。

フェロモンは、ホルモンがきちんと分泌されている健康体でないと分泌されにくいといわれています。同じく芳香物質である加齢臭は、年齢を重ねれば誰でも多かれ少なかれ分泌されるのですがフェロモンは少し違うようなのです。

なぜなら、フェロモンの役割ははっきりしていて「今、私には生殖能力があります」とオスに示す成分だから。女性が妊娠して出産し、生まれてくる子どもの世話をするには、健康であるとは絶対に必要な条件です。

女性ホルモンの量が少なかったり、質が悪かったりしたらフェロモンは分泌されにくいのは当然です。本当は普通に健康体なら、自然に出てくるものなんです。

また、女性ホルモンに似た成分を含むといわれる大豆イソフラボンを含む豆乳や大豆も自然な形でとり入れたいものです。大豆イソフラ分の効能、効果はこちら
ただ大豆イソフラボンは植物性なので、それほど吸収がよいものではないでしょう。ですから、質のいい油もしっかりとって相乗効果を狙いましょう。
女性にとって質のいい油は必須なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください