主食は「米」がベスト!

「炭水化物は太る」というダイエット情報が広まってから、日本人の主食であるお米を敬遠している人が増えています。例えばコンビニでランチを買う時、あなたは何を選びますか?
サンドイッチや菓子パン、パスタを手に取ることがやっぱり多いですか?おにぎりを選んだとしても1個か2個です。

できればここでおにぎり3個をおすすめしちゃうほど、お米は健康的にもダイエット的にも優れた食材なんです。食材は「元の形がわかる」ものを選ぶのがポイントです。そう考えると、元の小麦の姿から遠く離れたパンを選ぶより、米の原形のままのおにぎりの方がはるかに体によい食べものでしょう。

海苔だって、元の海苔の形のままですよね。また、お米を食べるとしっかり噛むようになるので、表情筋が鍛えられ、表情が豊かになるといううれしい美容効果もあります。

ニコニコ笑顔はもちろんのこと、泣いたり怒ったり喜んだり、表情豊かな女性は魅力的ですよね。それにフェイスラインもスッキリしてきます。口元のモテ度もアップできるなんて、米を食べないなんてもったいないんです。

最近では玄米や雑穀が手軽に買えるようになってきました。ところが、今までパンやパスタばかりだった人がいきなり玄米や雑穀を食べると、きちんと噛めずに消化不良を起こすこともあります。
胃腸に負担がかかり、お通じが悪くなるなんていうこともあり得ます。

まずはリハビリの意味で、最初は白米から始めるのがいいでしょう。その白米を噛むのさえ大変なようなら、お粥やリゾット、雑炊からスタートします。

白米を「おいしい」と感じてから、次は雑穀や玄米にステップアップ。徐々に慣らしていくのが『米』メインの食生活にする最大のポイントです。

一番大切なのは食べて「おいしい」と思うことなのですが、おいしいお米選びのコツは、自分の生まれ育った地方のお米を食べてみること。

日本海側で生まれたなら日本海側の、太平洋側で生まれたなら太平洋側のお米が本来その人の味覚に合いやすいでしょう。それでもイマイチと思ったら、次は現在住んでいる場所の近場のお米を選んでみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください