水のガブ飲みはNG

美容のために、と大量にお水を飲んでいる女性も多いようです。しかし、中には水の飲みすぎで体が冷えたり、むくんでボテッとしたフェイスライン& ボディラインになっている人も多いようです。

残念ながら、冷たくてむくんでいる女性はあまり魅力的とはいえませんよね?お水は喉が渇いたら飲むというのが基本。空腹の時にガブガブ飲んだら頻尿になったり、むくみやすくなったりするだけです。

1日2リットルでは、ほとんどの人が多すぎる量でしょう。種類にしても、硬水がダイエットにはいいといわれていましたが、日本人の口には合わないものが多いようです。この「おいしくない」は体に合っていない証拠です。

無理して飲む必要は、ないでしょう。もちろん硬水でもおいしいと思うものは、時々とり入れるとよいでしょう。「良薬は口に苦し」という言葉がありますが、食事や水は薬じゃありません。おいしいものを食べてこそ、健康で美しいモテ女になれるんですよ。

自分に合う水を見つける簡単な方法は、生まれ育ったところの水を試すことです。大阪生まれなら「六甲の水」、東京近郊で育ったなら「南アルブスの水」と、地元に近い場所で採れた水が一番おいしく感じるはずです。

ただ冷えが強い人は、自分の生まれた地域よりも北の水を選ぶ方がよいでしょう。九州や沖縄などの南で採れた水は、どうしても体を冷やしやすいので、できれば少し気をつけた方がいいかもしれません。同じ理由で水入りのものも避けた方がいいと思います。

また、目覚めの1杯に水を飲むなら人肌程度のお湯がおすすめです。常温がベストです。お湯を飲むことで内側から目覚め、体が動きだすでしょう。

起きてすぐに歯を磨く人もいますが、その場合は歯磨き粉の成分が一番最初に体に入ってしまうということになります。できれば、水で口をゆすいでお湯を1杯飲む。それから歯を磨くようにしましょう。

基本は日本の水の方がいいのですが、たまには発泡系や海外の水でもいいですし、味が好きというのなら問題ありません。海外旅行中などは現地のお水やワインをおいしく感じるものです。

その時「おいしい」と感じるものを口にするのが大切なのです。同じ意味で、コーヒーやお茶が水分代わりになる時があっても大丈夫です。ただし、これも掩れたてのできるだけ自然なものがより理想的でしょう。

日本人の体質合うミネラルウォーターは国産の超軟水一覧(硬度0~50)から選ぶといいでしょう。
品質の高い「いいミネラルウォーター」を飲みたいなら九州の「活泉水」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください