オンリーダイエットの真実「脂肪もみだし」

Question

私の悩みはウェストが太く出っ腹なこと。なんとかこの部分的肥満を解消しようと、「もみ出し法」実行しています。これはお風呂の中で、おなかの脂肪をぎゅっとつかんでもむ方法です。
時間をかけて、強くもんだほうが早く効果が上がるのではないかと、ついこの間は湯ぶねの中で1時間くらいもみつづけたんです。そうしたらおなかは真っ赤なるし、湯あたりしてのぼせてしまうし。適切な時間というのはあるのでしょうか。

Answer

はっきりいって、脂肪細胞は、もんだぐらいでどうにかなるほど簡単ではありません。伸び縮み自在で、いくらでも物理的な圧力に耐えることができるのです。
当然、もんだあとも脂肪細胞の数も大きさも変わりません。体についた脂肪は、運動をして新陳代謝をよくし、エネルギーとして燃焼させるようにしなければとれるものではないのです。もみ出し法は運動とは違いますから、脂肪は燃えず、体重も減りません。やせたいところを塩でもむという方法も、巷でよく小耳にはさみますが、同様に迷信です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.