オンリーダイエットの真実「フルーツダイエット」

Question

フルーツを中心にしたダイエットをしたいのですがどんな食べ方がいいでしょうか?

Answer

果物は、いくら食べても太らないと信じている人が少なくありません。確かにビタミンCはかなり豊富に含まれていますが、同時に果糖という糖質をたっぷり含んでおり、これがダイエットにはなかなかの大敵です。
というのは、果糖は、水分にとけている状態で果物に含まれているため、体内に吸収されるスピードが速く、砂糖以上に脂肪にかわりやすいのです。
ちなみに、果物にどのくらいの果糖が含まれているかというとパイナップル1個(約200g)で91g、りんご1個(200g)で26g、バナナは1本(100g)で23gも含まれています。
糖質が特に多い果物は、バナナ、ぷどう、パイナップル、マンゴー、柿、洋梨など。

こう見てくると、普通に食事をして、さらに果物を食べすぎれば、あっという間に1日に必要な糖質の量をオーバーしてしまうことがわかります。
では、果物は1日にどのくらいの量なら食べていいのでしょうか。ダイエット中なら、エネルギー量でいえば、100kcalぐらいの量が適当です。どのくらいの量が100kcalに相当するかは上以下のとおりです。なお、缶詰めの果物はシロップ漬けになっているため、エネルギー量は生の約2倍もあります。ドライフルーツなどは約3倍もありますから、くれぐれも要注意。

  • バナナ、マンゴー(100~120g)
  • 洋なし、パパイア、柿、キーウィ(140~160g)
  • すいか、うり、いちご(240~260g)

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.