味付けが濃いものは太りやすいというのは本当?

Question

味付けが濃いものは太りやすいというのは本当?

Answer

味つけが濃いということは、調味料の塩や砂糖などの分量が多いということです。糖分も多いということは塩分も多いということです。減塩などをした薄味のおかずだからといって、即ダイエットにつながることはありません。
しかし、おかずの味が濃いと、ついつい主食などのご飯を食べすぎてしまいがち。また、塩分をとりすぎると、体内の細胞が、中に水をとり込むことになって、体外に水を排泄しにくくなります。
つまり、ややむくみぎみになってしまうのです。これらのリスクを避けるためにも、ダイエット中は、薄味にしたほうがベターです。
そもそも料理は、調味料ではなく素材の風味を楽しむものです。おいしい料理をいただくためにも、味つけは、だしやスープをきかせた上品な薄味が基本です。薄味にする秘訣は、まず砂糖を減らすことです。甘辛く煮るものなどは甘さが減れば、塩分も少なくてすむので、比較的スムーズに薄味にできます。

味が薄くてもおいしいモノを食べるポイントはやはり出汁をしっかりとったり酸味をうまく活用することにあります。高血圧の方は、減塩が絶対条件ですので高血圧の人の食事から薄味にする方法を見いだすと簡単にみつかります。

たとえば、高血圧改善のサイトでは減塩を成功させるには5つのポイントがあると言われています。

  1. 見た目を美しく
  2. 刺激を利用する
  3. 香りを利用する
  4. 酸味を利用する
  5. だし汁を利用する

ダイエット中の人もこうした高血圧の人の食習慣を参考にするのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.