インスタント食品はダイエットの時にはNGというのは本当でしょうか?

Question

インスタント食品はダイエットの時にはNGというのは本当でしょうか?

Answer

市販のインスタント食品やレトルト食品、チルド食品、冷凍食品は、いずれもみんなの口に合うように、ラードのような油脂類を比較的多く使い、口当たりよく仕上げてあるのが一般的です。
つまり、エネルギーが高くなりがち。そのうえ味も濃く、化学調味料や食品添加物なども多く含まれています。しかも、買ってきたものを食卓に並べてみると、どうしても野菜の量が少ないのが普通です。
これらの点から、3食ともインスタント食品に頼りきるということになると、栄養のバランスがかたより、肥満の原因になりがちです。
ただ、現実問題、これらのインスタント食品を全く利用しないわけにはいかない、というのが現状ではないでしょうか。たいせつなのは、他の食品とバランスをとって食べるということです。これなら、一概に太る原因になるということはありません。
実際、インスタント食品を利用したメニューによって、栄養のバランスをとりながらやせよう、という本も出版されています(主婦の友社刊、塩澤和子・枝元なほみ著「コンビニエンスダイエットBOOk」)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください