オンリーダイエットの真実「油抜き」

Question

ダイエットの最大の敵はなんといっても油だと思っています。そこで食事から油を一切排除することにしました。
食べ物を蒸したり、煮たり、テフロン加工のフライパンを使用したりして油を一滴たりとも使いません。
最近、肌の乾燥が気になります。油を摂らないこととと関係しているのでしょうか?

Answer

お気づきのように、油抜きの食事が原因です。肌のつやや張りを保つのは、ビタミンAやEの働き。これらは脂溶性のビタミンなので、つまり油脂類といっしょでなければ効率よく体内に吸収されません。
これが、油抜きの食事によって肌がカサついたり、肌荒れを起こす理由です。油の効用はそれだけではありません。腹もちをよくして、ダイエット中の間食を防いでくれる効果もあります。
また、不飽和脂肪酸を多く含む植物油は、コレステロールを正常に保つのに役立ちます。ダイエットというと、油は目のかたきにされがちですが、たとえダイエット中であっても適量の油は必要なのです。10~15gくらいはとるようにしましょう。

油を味方にする

では質のいい油がダイエットに効果的に働くことを紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください