サプリメントは不要

世の中は健康ブーム。数え切れないほどの関連商品が、さまざまな効能を謳って売られています。

その代表が、サプリメントでしょうか。美肌やアンチエイジングをはじめ、便秘改善や減量に至るまで、それさえあれば何でもできるかのようです。そういえば、今は街中の自動販売機に入れられているウーロン茶が登場したときには、ダイエット効果があるとの宣伝文旬もありました。

サプリメントには、数え切れないほどの種類があります。順不同で、目についたものを並べてみましょう。

  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • プラセンタ
  • ウコン
  • マカ
  • 葉酸
  • アルギニン
  • プロポリス
  • ローヤルゼリー
  • クロレラ
  • DHA
  • EPA
  • レスペラトロール
  • ポリフェノール
  • イソフラボン
  • ルティン
  • αリポ酸
  • コエンザイムQ10
  • カルニチン
  • グルコサミン
  • コンドロイチン
  • カプサイシン

これらに加え、ゴマやブルーベリーから抽出した成分というのもあります。青汁は今や有名ですし、スッポンエキスや深海魚エキスというのも見かけました。

このうち1つか2つは買った経験があると思います。そうでなくても、ビタミンやカルシウムぐらいは飲んだことがあるでしょう。薬局に行けば山ほど陳列してありますし、テレビの通販番組でもサプリメントが大人気のようです。

さて、ここであらためてお聞きしますが、これらの成分について、皆さんはどれほどご存じでしょうか? その成分は、体にどんな影響と悪影響を及ぼすのでしょうか。いかがですか?

残念ながら、ご存じないはずです。でも、無理もありません。皆さんは、「それを飲むと健康にいい」と聞かされて、記憶の中にそう刷り込まれてしまっただけだからです。もちろん、さきほど列挙した成分のすべてが毒だと決めつけるつもりはありません。製造しているメーカーに、文句を言うつもりもありません。

ただし、その成分がどういう性質のもので、体にどういう影響があるかもわからないまま、一般の方がやみくもに摂取ししまう風潮に疑問を呈したいだけです。サプリメントには、補助食品という意味合いがあるかと思います。毎日の食事では取れない栄養分を、サプリメントで補うという考え方です。では、ある男性の1日の食生活を考えてみましょう。

朝食
  • トースト2枚
  • ベーコンエッグ
  • 野菜サラダ
  • オレンジジュース
  • コーヒー
昼食
焼き魚弁当(ふりかけご飯、鮭切り身、里芋とレンコンの煮物、高野豆腐、キュウリの漬け物、わかめの味噌汁)
夕食
  • 焼き肉屋で飲み会(肉4人前、キムチ、クッパ、ビール2杯、チューハイ2杯)
  • それ以外(八つ橋2個、小粒チョコレート3個、コーヒー3杯、コーラ1本)

どこにでもある、普通の食生活ですよね?では、この人は1日にどの栄養分をどれだけ取ったでしょうか。

何が十分で、何が不足しているでしょうか。タンパク質は? 炭水化物は? カルシウムやカリウムはどうでしょうか。ビタミン類は足りていますか?この人は、毎日同じ朝食を食べます。

翌日の昼食はチャーハンとギョーザ、夕食のおかずはエビフライでした。その栄養分は、どんなものでしょうか。計算できますか?

いえ、ベテランの管理栄養士でもなければ、わからないはずです。こうして、人は毎日違うメニューの食事をします。それが1ヶ月、1年と永遠に続いていきます。となると、自分にはどの栄養分が十分で、何が不足しているかなどと詳しく把握するのは誰にもできないはずです。

だったら、サプリメントを飲む必要もありません。自分に足りない栄養がわからないのであれば、それを補助するのも初めから無理な話だからです。

肉・卵・チーズさえ食べていれば、必要な栄養素が全部そろいます。高価なサプリメントを買うくらいなら、ときどきは輸入牛肉ではなく国産牛肉にして賛沢するほうが、お金の使い方としても有意義なのではないでしょうか。

肉は、動物の体をつくる生命の源。卵は、ヒヨコになる完全栄養食品。乳製品は、赤ちゃんが元気に育つための唯一の栄養からできたものです。

先にあげたサプリメントを全部まとめて飲んだとしても、人間の骨や肉にはなりようがありませんし、赤ちゃんのようなスベスベの肌はつくれません。まして、ヒヨコの生命をつくることもできないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。