自分に合うものを食べる

「自分が好きになる人と、好きになってくれる人のタイプが違う」というのはよく耳にする「恋愛あるある」のようなものです。
そんな人に逆に聞きたいのですが「あなたは自分自身のことを好きですか?」ということ。
ここで「うーん、あんまり」とか「自分は好きじやないです」と答えるようでは、前述のようなすれ違いが起こるのは当然です。

自分で自分のことを「好きじゃない」限りは、アプローチしてくれる男性とは好みが合いません。だって、相手はあなたのことを「好き」なんですから。この悲しいすれ違いから脱する方法はたったひとつ。自分を好きになることです。

とはいえ、自分のことを否定している女性は意外と多いものです。そんな人にこそ「あなたに合った好きなものを食べましょう」と伝えたいんです。

昔の子どもはいつもお腹を空かせていて「今日の晩ごはんは何? 」ってワクワクして家に帰ってきたものです。でも、今は食事を楽しみにする子どもも減っているようです。

大人になればますます食事は日々の中のひとつのルーティンになってしまっています。忙しい人にとっては、食事の時間でさえ惜しいと思っている人もいるでしょう。

例えば、会社の飲み会やパーティーなどがあった時に、あなたはウキウキ・ワクワクと参加できますか? 「嫌だな、行ったらまた食べちゃう」「お酒とか断れないし、どうしよう」と憂鬱な気持ちになっていませんか?

そういうふうに「食べるのは罪なこと、悪いこと」だと思って食べたものが、体にいい影響を及ぼすはずがありません。逆に「今日のパーティーでは何が出るかな? 」「わー、おいしそう! 」という食べものへの期待感で代謝も上がるというもの。「うれしい」「幸せ」というプラスの感情で食べたものは意外に太らないのです。

パーティーのことだけではなく、日々の食事でも一緒。義務だと思って嫌々食べたり、カロリーを気にしながら恐る恐る食べたものは好きになれない自分をつくる、好きだと思いながら食べたものは好きな自分をつくる。とてもシンプルなことです。そして、好きなものを食べることが理想的な恋愛を始める一番最初のステップなのです。

肉が魅力のもとになる

一般的にいう「モテる女性」の多くは食事にストレスを感じている人はいません。女優さんやモデルさん、ダンサーさんでもトップを極めていて、男性から見ても女性から見てもため息が出るほど魅力的な女性は、食べものとの付き合い方が本当に上手です。

例えば、明日が写真撮影なら「これを食べておくと肌の調子がいいの」というお約束のアイテムがちゃんとあったりします。今までの経験から、自分の体と食べものの関係を把握してうまく食べられています。

この関係性作りがちゃんとできていれば、食事はストレスどころか、楽しみのひとつ・心強い味方になります。だって、それによって自分を思ったように変えられるんですから、まるで魔法のようだと思いませんか?もちろん、その魔法は人によって違います。

例えば、ある野球選手は毎朝カレーを食べるのが元気の源らしいのですが、同じように朝にカレーを食べたら胃もたれする人もいるでしょうし、下手をしたらお腹をこわしちゃう人もいるでしょう。逆に元気を失ってしまう人もいます。
自分に合ったものを探して食べることがとても大切です。

美しい女性、キレイな女性というのは、意外にもは肉食の人が多いのも特徴です。世間的には、野菜や食物繊維をしっかり食べる女性のほうが女性らしくなりそうなイメージですが、肉食のほうがフェロモンもたっぷりです。

肉ばかりの食生活では、栄養的にかなり偏ってしまいます。また、病院では「メタポリック症候群になりますよ」と注意されることでしよう。
でも、実際、世の中には肉をガッツリ食べていて美しい女性がたくさん存在しているんです。体が健康でないと、美容的な美しさはありえません。この理論からすれば、美しい人たちの内臓は当然健康なはずです。

健康と美容をキープするためにを食べるということは、そのまま「生命力」をいただくということです。食物連鎖のピラミッドでは、その頂点には人間がいます。それは生命力の強さの臓位でもあります。トップの人類のすぐ下にあるのが動物(肉)で、そして魚次に植物、と続くのです。ピラミッドで人間の真下にいる動物を食べることで生命力を効率よく取り入れられるというワケなんです。

いつも食べるお肉の牛や豚、馬の躍動感を自分の体に取り入れることで、生命力の強い人間になるようにイメージします。セクシーで生命力に満ちあふれた女性こそが「モテる女」。野菜(植物)ももちろん必要ですが、それだけでは、あふれる生命力は作りきれないのでしょう。

いい女になりたいなら 食事を変えるのが一番

キレイになりたいな、変わりたいなと思った時、あなたならどうしますか?簡単なところでは美容院に行って髪型を変えたり、化粧品や洋服を買いに行ったりしますね。

でも、もっと大きく大変身したいーと思ったら、美容整形に行ったり、ファッションアドバイザーを訪ねたり、ヨガや断食道場に通ってみたり、あるいは趣向を変えて自己啓発セミナーに参加したり、いっそ四国80人箇所をお遍路さん旅で回ってみたり。

女性が変わるきっかけはいろいろありますね。でも、これにもやっばり、その人によって合うものと合わないものがあるでしょう。そこでまずみなさんにおすすめしたいのが、食べものを変えること!

特別に用意するものは何もないし、人によって回数は異なりますが基本的には毎日3回チャンスがある。その中で少し食べものを変えるだけで「変わる」きっかけになるんです。
しかも思った以上に効果的なはず。試さないなんてもったいないと思いませんか。
カウンセリングにいらっしやる方の中には、ダイエット神話に縛られすぎて頭がかなり固くなってしまっている人もいます。そんな人に、まず一番最初にとってもらうのが油。油の種類については後ほど詳しく説明しますが、ダイエットのために油を抜いてしまう人は未だに本当に多いようです。

でも、油が足りていないとまず脳に影響を及ぼし、前向きに考えたり、行動することが難しくなることもあるのです。「え、いきなり脳?」って驚かれたかもしれませんが、脳は半分以上が油でできていて、糖をエネルギーにしている臓器なんですよ。

だから「油と炭水化物(糖)」抜きのダイエットを無理に続けてしまったら、脳はトラブルをおこし、イライラしたり落ち込んだり、集中できなくなることもあるのです。

最近は脳トレと称して、みなさんゲームやドリルを一生懸命やっていますが、それだけでなく脳に材料とエネルギー源を補給することも重要なんです。油不足の脳は働きが悪くなってきたり、最悪の場合は、アルツハイマーなどの原因になることもあるんですよ。

油抜き系のダイエットをやり過ぎてしまうと、脳に問題がおきて拒食・過食というトラブルになる場合もあるでしょう。そこまでいかなくても、油が足りてないと気分的にイライラ・ギスギスしてヒステリックに人や物に8つ当たりするようになったりします。そんな人をとても魅力的だとは思えませんよね。
少しずつ油とるようになって脳がちゃんと働くようになれば、自然と気分も落ち着いて、考え方もやわらかくなるでしょう。ポジティブに他のことへの興味も湧いてきたりするんです。

恋愛でも仕事でも、とにかく脳を活性化した方がいいですよね。脳に油という栄養をガッツリ入れることで脳は元気になって、初めてポジティブに知的に生きることができるはずです。脳トレと一緒に、食べものも見直して相乗効果を狙いましょう。そうすれば、改善のスピードも早くなるはずですから。

食事を整えるのが基本

体の声に従って、好きなものを食べましょうとアドバイスしても、「お肉は脂肪が多いです」とか「体を冷やす食べものは避けた方がいいですよね? 」と言われます

私は今まで、テレビや本の中で食べ合わせの仕方や食事の選び方のコツなど「伊達式」というダイエットのセオリーをいくつも紹介してきました。
でも、これは100人いれば100人に合う訳ではありません。人によって合うもの・合わないものがあります。それは本能的な問題で、やせたり太ったり、以前の、生き物として生きるか死ぬかの部分に直結しているためです。
その人に合う食べものというのはまず「おいしい」と味覚で感じて、体がよこぶものです。

だから、そういう意味で「好き嫌い」はあってもいいのです。逆に「何が好きかわからない」「特に好きなものはありません」という人の方が問題なのです。
自分の好みがわからなければ、自分に合った食事はできません。

例えば、化粧品だったらテスターを使って「自分の肌には合う」と判別できますし、服だって試着して「私には似合わない」と自分でわかります。
食べものも同じことで「口に合う、合わない」があるんです。いろいろ食べてみて「これは合う」「これは合わない」と自分の味覚や体の感覚でわかるようになりましょう。

「合わない」ものを無理して食べる必要はありません。それがどんなにやせるものだといわれていても! です。

自分の好き嫌いがぼやけていたり、ダイエット食品ばかり食べていたり、食生活が乱れていたり、偏っている人は見た目にも表れるもの。

肌が荒れていたり、髪のまとまりが悪かったり。また、メリハリのない体型だったり、暗い印象だったりします。中にはこういった短所を「生まれつきなんです」とごまかす人もいますが、必ずしもそうだとはかぎりません。それが、ちゃんと食べていないことが原因の場合も多いのです。

これが効く!というダイエット情報に振り回されっぱなし

年頃の女性であれば、ほとんどの人が過去にダイエットをした経験があると思います。19時以降の食事は厳禁、朝食はしっかりとる、1日に食べるのは1500キロカロリー以内
ダイエットのためだけじゃなく健康のためにも、基本的な食事のルールは守らなくちゃ! そんなふうに思い込んでいる人がものすごくたくさんいます。
しかもそれをきちんとやろうとしている人のなんと多いことでしょう。

それだけではありません。テレビや雑誌で新しいダイエット情報を常にチェックし、「今度こそは」とすぐにやってみるという人も多いでしょう。

実際にダイエットに成功しましたか?自信を持って「成功した」と言える人はほんの一握りです。その理由はとてもシンプルなことで、みなさん、周りの情報は本当によく聞いて守るのに、自分自身の内側から発せられるメッセージは完全に無視しているからです。

「今、お腹が空きました。栄養が足りてません。そろそろご飯を食べてください」と脳が命令を出しても「寝る直前に食べたりしたら太る! 」とこの命令を無視してしまうのです。

体の命令を無視してしまうので体は調子を悪くしてししまいます。

例えば、これを職場だとしましょう。上司に一生懸命提案をしても、まったく問いてもくれないし、受け入れてもらえない。それが続くと「こんな上司は嫌だ」「こんな会社は嫌だ」って働く気力がどんどんなくなっていって、最終的にはデモを起こしたり、転職したりして、その環境を変えるよう行動を起こしていくはずです。

体でもまったく同じなのです。

ダイエット中に起こりがちな、生理に関わるトラブル。これは体のストライキなんです。栄養状態が悪くなったら体の機能は徐々に衰えていきますが、機能がストップする順番があるのです。一番優先されるのは生命を維持するための機能。

過剰なダイエットで内臓機能が停止しまう | 便秘は冷えが原因

例えば、心臓や腎臓、肺などへ優先的に栄養が回されます。次が骨や筋肉、その次が髪や皮膚、爪など体を保護しているもの。そして、まず最初に栄養をカットするのが生殖機能なんです。

本体が危ない状態なのに次世代に子孫を残すことに力を注いでなんていられません。そういうわけで、まずは生理の期間がバラバラになったり、生理そのものが止まってしまったりするのです。これは体からの最初の大切な、大切なSOSなんです。

好きなものを本能で選ぶ

あなたが一番好きな食べものはなんですか?と聞くと、「特にありません」答える人が多いのは最近の若い人の特徴でしょうか?

食事の好き嫌いというのは、単純に味覚の好みですから「わからない」というのは困ってしまいます。

これは、「食べる」という本能をダイエットや美容のために抑え込みすぎてしまったのでしょうね。もしかしたら、「食べることは悪」と思って、食べる本能を否定しているのかもしれません。

そして、これは恋愛にもつながる話。ふたりの男性にアプローチされて決められなかったり、年収や職業などの条件で選んだりしてしまいます。

それが普通だと思っているのなら感覚は、かなり麻痺した状態です。運命の人を決めるのに直感で「この男がいい! 」ってわからないのはとても問題です運命の人が直感で感じないのに職業やステイタスの条件を優先してしまうケースはうまくいかない場合がほとんどです。

また、相手の顔にこだわって決めるのはそんなに悪いことではないと思います。外見にはその人の栄養状態が全て現れます。貧相な食事をしている人は貧相な顔だし、豊かな食事をしている人は豊かな顔をしているのです。

恋愛は基本的に本能に基づいています。だから、見た目のいい異性を求めるのは当然です。でも、そこで「お金持ちが好き! 」って言っちゃう女性もいるかもしれませんね。子孫を残したいという目的でないならそれもひとつの選び方でよいでしよう。

経済的に誰かに頼って生きていこうと思うと、やはり男の選び方も少し変わってきてしまいます。それよりは、イケメン男子の見た目だけに目が眩んで「この人が好き! 」って熱くなっちゃう方が本能的で、生き物としては、はるかに正しい姿なはずです。

もっとも、経済力を基準に男性を選んでしまう女性もバッと見は美人でキレイだったりします。

流行のファッションを着こなして、メイクもばっちりだけど、人間としてあまり魅力的とは思えない女性のような気がしませんか?
いえ、女性としてというより、人間として、生き物としてちょっと残念な感じがするという方が合っているかもしれません。そして、そんな女性の食事内容はやっばりそれなりなはずです。

食べものも、やっぱり値段を基準に選んでいる場合が多いのではないでしょうか。性欲と食欲は本能だから「好き」に従えば間違いないはずです。
「カロリーが高いから」とか「収入が少ないから」にこだわっていては、本当に自分が求めるものは手に入らないのです。一番好きな男を探すのが難しいようなら、まずは一番好きな食べものを探すことから始めてみると、麻痺した感覚が少しずつ戻ってくるでしょう。

口に入れた物でその人ができあがる

はじめてのデートは、何をしていたか思い出せないほど舞い上がってしまいます。ほとんどの人が夜になればご飯を食べながら「これ、おいしいね」なんておしゃべりをしたり。実際には味なんてどうでもよかったりしますが。

実はこの食事の時間が、お互いを知るためのかなり貴重な時間となります。相手の食べ方や食べている内容を見ると、手っ取り早く「人格」がわかります。

食べている姿を見れば、その人のことがだいたいわかると言ってもいいでしょう。知らない人の食事内容を見ることでその人のさまざまな面が見えてきます。

あまりに口に入れるものが偏っていたり小食だったたりする人は、どうしても不安定な感じがしますし、逆にちゃんとした食事の方は、実際に会っても落ち着いているんです。

ものすごくキレイで魅力的な女性や、会社の社長、役員クラスの方々というのは、食事面においても安定して「いい食事」をしています。やっぱり食べたものがその人をつくるということをよく現しているように思います食事はとても重要です。

では「いい食事」というのは具体的にどういう食事を言うのでしょうか?
高級な中華料理やフランス料理など豪華な食事のことではありません。

「いい食事」の定義ですが、よく言われる「朝昼晩にきちんと食べる」、「栄養バランスが整っている」、「間食はしない」などが頭に浮かんだ人も多いはずです。

しかし、それらが必ずしも「その人にとってのいい食事」とは限らないのです。「いい食事」というのは、簡単に言うと「豊かな食事」のことです。

例えば、朝はオートミールかパンケーキ、パスタは自分で麺を打ってパスタマシーンで作る、そばやうどんももちろん手打ちです。時には、ニューヨークで覚えたクラムチャウダーを作ります。
そして、夏は京都まで出向いて鱧を食べる。名古屋にウナギを食べに行くこともあります。クリスマスは、まずターキーの準備からです。

とても豊かです。とてもお金持ちのイメージがわきますが考え方、いわゆる食への考え方の質がいいのです。豊かなのです。

食事の内容はもちろん、素材へのこだわり、シチュエーションなど、食に対して好奇心があり、おいしくいただくこと。そして、それが自分に合っていること。これこそが「豊かな食事」そのものなのです。
内容が本当に豊かです。

こういった食事をしている人は、見た目にもダンディーでレディーな素敵な方。お詰も楽しくて、惚れ惚れしちゃうくらいです。そして、食べているものが、その人の人格を作っているということです。

豊かな食事をしている人は、人格や見た目もちゃんと豊かです。「モテる女」になるには、人間としての豊かさは欠かせない条件です。
そのために、外面磨きばかりに手をかけているだけではいけません。まずは「いい食事」とはどんなものかを知って、自分の体がよろこぶ食事をすること!それがとても大切です。