食べたい本能との向き合い方

これまでの「食べたい時に、食べたいものを、食べたいだけ食べなさい」という言葉には、実はとても重要な「裏」があります。それは「食べたくない時は基本的に食べてはいけない」ということ。

体が欲してない時に食事をしてしまうと太りやすくなるのです。「お昼休憩だから別にお腹は空いてないけど食べよう」とか、ごちそうになって「さっき食べたけど悪いから食べよう」というのも、体の声を開かないで、無理に食べさせられているだけ。どんなに失礼なことになったとしても「すみません、歯が痛くて」と断ればそれ以上すすめる人はいないでしょう。
その人はあなたの体脂肪の責任はとってくれませんよ。自分で自分の体を守っていくために大切です。

食べる量にも同じことがいえます。食べたいだけ食べていいけど「もういらない」と思ったら、基本的に食べてはいけません。そこでストップしましょう。

例えば、甘いものが大好きだけどやせるために我慢を重ねてきた人は「一度にパフェを2個でも3個でも好きなだけ食べていいよ」とアドバイスすると喜んで食べようとします。でも、どんな人でもパフェを2個も食べればそれ以上はいらなくなるし、しばらく甘いものはいらなくなります。
実際に試してみて、本能で気づくことがとても大事。「好きなだけ食べたら、ものすごい量を食べてしまいそう」と妄想しているだけでは、実際の自分の限界に気づくことはできません。

また、自分で「食べてはいけない」というルールを作ってとにかく食べないようにしている人ほど、自分の限界が分からないから不安な気持ちが常につきまとって、食事をする度に落ち込んでしまうのです。

自分の限界点を一度知ってしまえば、それほど不安には思わなくなるでしょう。食べることを我慢しすぎて、いつも頭の中が食べることでいっぱいになっている人は、ぜひ心の赴くままに食べたいだけ食べてみてください。

ただし「いらなくなったらおしまいにする」をお忘れなく。そうして満足感を味わった翌日は、食べたくないから自然と食べる量が減って、調整できるはず。そこは自分の本能に従います。

ダイエットはkgよりもcmにこだわる

ダイエットは体重が減らなければやっても意味がない」 と思っている人がとても多く意外と気づいていない方も多いようですが、体重は見た目の体型と比例するものではないのです。

結論からいうと、体重が何キロでもメリハリがあってスッキリ美しく見えればそれがベスト。だいたい、体重は親や恋人にさえ一生トップシークレットにしても全然問題ありません。

あなたの体重を知っているのは、この世にあなただけ。ですから、その体重という短の数字にこだわつても、それは自己満足でしかないでしょう。

体重や体脂肪率は健康状態を知る目安にはなりますから、定期的に測定するのも悪いことではありません。でも、その数字がストレスになるようなら、体重計に乗るのはしばらく控えた方が精神的にも穏やかになれるはず。これも自分に合った測定のペースを心と体に相談しましょう。

こだわるとしたら体重よりも、ボディサイズです。2キロやせても周りの人には気づかれませんが、ウエストが2センチ細くなったらかなり「やせた?」と言われるでしょう。

最低でも自分のウェストサイズくらいは知っておいてほしいのですが、ダイエット中はできれば「バスト」「ウェスト」「ヒップ」「太もも」「ふくらはぎ」の5ヶ所を週に1回測るのがおすすめです。鏡の前でメジャーがきちんと水平になっているか確認しながら、毎回同じ高さの所を測るのがポイントです。

男性はいちいち女性の体重などはチェックしていません。見た目のスタイルは気にするかもしれませんが。

食事は五感を使う

現代人は携帯電話やパソコン、TVを見ながらの「ながら食べ」が多くて、食べものをしっかり見て食べている人が、ずいぶん減ってしまいました。
と心当たりのある人が多いと思いますが、実際は「ながら食べ」が習慣になっているから、特に疑問も感じていないのです。

本来の食事は五感をフルに使って食べるものです。食べものを見て、焼ける音や鍋やスープの煮立つ昔を開いて、お箸やスプーン、時には手で触れて、おいしそうな匂いを喚いで、最後は舌でしっかり味わう! こうして食べると「おいしいな」だけでなく「あまりおいしくないな」「れは好きじやない」などもちゃんとわかるはずです。

数年前に冷凍餃子に毒物が混入する事件がありましたが、被害にあわれた方は袋を破いた時に異臭がした上に、口に入れてビリッとした刺激があったのに飲み込んでしまったといいます。

「どうして飲み込んじゃったんでしょう 」とに思った人も多いはずです。 嫌な匂いがして刺激があれば、動物でも吐き出して命を守ります。ところが現代人は賞味期限などの表示を見て、その数字だけを信用してしまうんですね。

これが生の肉や魚、果物で傷んでいれば臭いも強烈だし腐っているのがわかりやすいのですが、加工食品は「食べても安全かどうか」がわかりにくくなっています。何日も、何ヶ月も腐らないものへと加工技術などが進んできました。

でも、その過程で食べものは栄養が失われ、成分がまるきり変わってしまっているものも多いのです。「自然なものは腐る」と頭の片隅に置いておく方がいいでしょう。

また、「食べものから命をいただく」という仏教の考え方からいっても、命のあるものを食べるから「パワー」をもらえるのです。

加工を重ねた食べものをいくら食べても、「パワー」を得られることはないでしょう。まず、朝起きたら温かいお湯を飲んで体をほぐし、手を加えずに食べられる自然なもの、果物を体に入れると、体が自然に動き出すのがわかるはず。この感覚を大事にしましょう。

女性ホルモンとフェロモン

魅力的になって異性を引き寄せるために欠かせないのが、ホルモンとフェロモンだといわれています。名前が似ているので混同している人も多いのですが、まったく別の物質。

モテる女性になるためには、このふたつがどういうものなのかをここでしっかりと覚えておきましょう。まずホルモンですが、女性ホルモンは一生涯のうちでスプーン1杯分くらいしか分泌されないといわれています。
たったそれだけの量で、女性の体を若々つかさどしく保ち、妊娠や出産を司り、生活習慣病や骨の健康など様々な症状から体を守っている、ものすごくパワーのあるものなのです。厳選された素材から搾り、ほんの数滴だけ作られる最高級のダマスクローズのエッセンシャルオイル。

女性ホルモンはそんなイメージを持ってもらえばよいでしょうか。さて、この女性ホルモンをつくつているのが、実はコレステロールという油。エッセンシャルオイルはどんな素材から搾るかで、オイルの質が決まりますよね。ホルモンもまったく同じで、その人がとっている抽の質と量に大きく左右されます。

何よりもまず知っておいてほしいのは、油が足りている人はほとんどいないということ。特にオメガ3という良質な油が足りていた人は、私が食事をみた中ではごくごくわずかです。

75歳になる高齢男性ですが、毎日クルミを食べ、週に2回はお刺身という食生活なのです。もちろんご本人は健康のために無理をしているのではなくて「いやぁ、これが合ってる」と照れて笑うくらい。もちろん彼はお肌もツヤツヤ・ピチビチで元気いっぱい。一見60代くらいにしか見えません。男性ホルモンも女性ホルモンと同じで油がモトになります。うらやましいなと思う女性、たくさんいるんじゃありませんか?

油は女性ホルモンの材料になるだけではありません。美肌を気にする女性はヒアルロン酸やコラーゲンなどを好んでとりますが、ここに油をプラスするとより理想的なんです。皮膚の表面を覆っている皮脂膜は油からできていますし、もっといえば、細胞膜も油から作られているのです。油のバリア機能はとても重要です。

敏感肌や乾燥肌に悩んでいる人も多いと思いますが、その原因のひとつは油不足。ただし、外から補う油ではなくて、細胞に本来あるべき油が不足しているのです。みなさん、化粧水の後に乳液やオイルを塗って肌の水分の蒸発を防ぐケアをしますが、油が足りていれば、自分の肌から分泌される油分でキープできるんですよ。

そしてもうひとつのフェロモンですが、こちらはその人の体臭と混ざって分泌され、異性を惹きつけるといわれる芳香物質です。グループとしてはワキガの成分と同じなんですが、フェロモンは惚れ薬みたいなものでしょうか。

フェロモンは、ホルモンがきちんと分泌されている健康体でないと分泌されにくいといわれています。同じく芳香物質である加齢臭は、年齢を重ねれば誰でも多かれ少なかれ分泌されるのですがフェロモンは少し違うようなのです。

なぜなら、フェロモンの役割ははっきりしていて「今、私には生殖能力があります」とオスに示す成分だから。女性が妊娠して出産し、生まれてくる子どもの世話をするには、健康であるとは絶対に必要な条件です。

女性ホルモンの量が少なかったり、質が悪かったりしたらフェロモンは分泌されにくいのは当然です。本当は普通に健康体なら、自然に出てくるものなんです。

また、女性ホルモンに似た成分を含むといわれる大豆イソフラボンを含む豆乳や大豆も自然な形でとり入れたいものです。大豆イソフラ分の効能、効果はこちら
ただ大豆イソフラボンは植物性なので、それほど吸収がよいものではないでしょう。ですから、質のいい油もしっかりとって相乗効果を狙いましょう。
女性にとって質のいい油は必須なのです。

食べたいときにだけ食べるという習慣

食事をするのは、体が「食べたい!」そして「食べていいよ」とGOサインを出した時というのが自然なことですが、これに気づいていない人が本当に多いようです。

これでは、体が欲していないのに食べものが入って来るワケですから、なんの準備もしていない胃も腸も肝臓も腎臓も過重労働をすることになってしまいます。これでは内臓が疲れるだけで、体調を崩してしまうでしょう。

それだけではありません。お腹が空いていない時に食べたものは「今は必要ないからキープしておきましょう」と体脂肪として蓄えられてしまうこともあるんです。ダイエット中の女性にとっては内臓の老化より、こつちの方が怖いことかもしれませんね。お腹が空いてない時の食事は、ムダに食べることになるので無駄な体脂肪になりやすいというです。

自分の内なる声、お腹からのサインを聞くことを基本とした上で、「たんばく質は大事なんだな」とか「油にはいい油と悪い油があるんだな」とか栄養的により長いものをとり入れるのは、とてもいいことだと思います。

そして、まずは試してみてください。どんなに基礎といわれる情報でもやっぱり万人に合うというワケではないのです。だから実際にやってみて自分に合うかどうかを実感して、知識を自分のものにしていきましょう。

それと同じようにさまざまなダイエット方法や美容法を試してみるのも、大いに結構。こればかりは、本当にやってみないとわかりません。

試した数が多ければ多いほど「合う」ものは増えていきます。ただし、ここでアドバイスを。人は刻一刻と変化していくものなので、それに合わせて方法も変えていくことも大切なんです。

考えてもみてください。中学生の頃に使っていたニキビ用洗顔料を30歳になって使ったら肌荒れするしますし、20代の頃お気に入りだったフリルのピンクのワンピースでも50歳になれば着られません。

逆に10代の子が高級ブランドのバッグを持っているのは、やっぱりどこかアンバランスな気がします。年相応ということもあるでしょう。

それは食べものでも同じです。小学生の頃からフォアグラとか大トロを食べていた子どもがまともな人生を歩むはずはないということは、誰でも想像できるでしょう。

食べものはタダで手に入るものではないので、成長の過程で変化してきたライフスタイルや体質、健康状態そして経済状態から変わっていくのが自然です。

ここでもうひとつ。年齢を重ねると「若い頃のようにはやせられなくなった」という声をよく聞きます。代謝が下がって太りやすくなることが原因といわれることが多いのですが、高齢者が全員太っているわけではありませんよね。

年を重ねて代謝が下がっても、きちんと美しいスタイルをキープすることはできるはずなんです。それができないのは、自分の変化した体や環境に合わせて食事や行動を変えていないから。

代謝をアップさせればやせるのでしょうか? | Q&A式形式によるマイナス5歳情報

若い頃に「これをやれば数日でやせたダイエット食」が、数年後の自分にも同じように効果があるとは限らないんです。今の年齢の、今のあなたが「必要な食べもの」を、その時に食べることがキレイになるヒケツです。

本能に従って食べて心の底から満足すれば、きっと自然に素敵な笑顔になっていくと思います。

食べるものは自分に素直に聞く

「りんごを食べれば2週間で5kgやせる 」「朝晩必ず酢大豆を食べるとスリムになる!」…世の中には、ひとつのものを食べ続ければやせるとか健康になるという情報があふれています。いわゆる「オンリーダイエット」と呼ばれるものです。

気になるものは一度試してみてもよいでしょう。ただ、あなたは毎日同じものを食べ続けたいと思いますか?普通は毎日、体の状態やお腹の空き具合は違います。

自分が「今、何を食べたいか」に合わせて食べるのが、生き物として当たり前の本能ですし、いろいろなものを食べて栄養をとるのは大事なことです。

ただし、「バランスのいい食事」にこだわりすぎて頭で考えすぎて、1日30品を必ずとらなければいけないと思い込んでしまうのはオススメできません。
食べたくないものを、無理して食べなくてもよいでしょう。足りない栄養を含むものは自然と食べたくなるはずです。

どの食べものが合うのかは10人いれば10達って当然です。10人10色でしょう。同じものを同じ時間に食べた方がいい人もいるし、種類を多く食べた方がいい人もいます。

食事の内容だけでなく回数でも同じことがいえます。例えば、規則正しく3食食べることにこだわらずに、時間帯はバラバラですし、1日に5食の時もあれば1食の時もあります。

それでも一定の体重とスタイルをキープできます。

一日3食が全ての人の健康の基本だとは思えないんですけどね。自分の食事の内容、リズム、ペースがわかるのは誰でもない自分自身。人の言うことや、テレビや雑誌の情報に頼るのではなく、自分自身に聞いてみましょう。

「お腹が空いてるか」「今日はお肉と魚、どっちを食べたい」「野菜も食べたい?」と自分に開いてみて、その答えに素直に従うこと。それを繰り返していくうちに、自分は今、何を食べるべきなのか、何回食べるのが合っているのか、何時ごろ食べるのがいいのかわかってくるでしよう。
もっともそれさえも日によって変わってもいいでしょう。

魅力的なメリハリのある女性のボディーをつくるにはたんぱく質

女性は、魅力的なスタイルでメリハリボディを作るのは、やっぱりたんばく質が重要ですこれが足りてない人が多いようです。たんばく質をとらずにカロリー制限でやせた人は、どこか魅力的なメリハリのあるスタイルとはほど遠く、顔も体もラインが唆昧です。

そもそも、人間の体を作っているのは、水分の次がたんばく質です。たんばく質は体内でアミノ酸レベルまで分解された上で吸収され、内臓、血管、筋肉、肌などを作る材料になります。
ボディラインということで考えると、基礎となるのは筋肉と骨ですよね。そして、その骨格となる骨もカルシウムだけでできていると思っている人が多いようですが、主原料はたんばく質なのです。

次が体の度台となる筋肉。筋肉も当然たんばく質からできていて、ボディラインのメリハリをつくります。そして、周囲をぐるりと覆っている皮膚もたんばく質でできています。

これだけ人間の体の大部分を構成しているたんばく質をとらずに、骨盤体挽をしても、お肌のマッサージをしてもそれほど効果は上がらないでしょう。
それは、材料が絶対的に不足しているということなんです。逆に食事でしっかりたんばく質をとって、運動やマッサージをすれば相乗効果が期待できると思います。

こんなに大事なたんばく質なのに足りてない女性が多いのは、たんばく質を多く含む食品が「肉・魚・卵」だからでしょうか。とくに高カロリーなイメージがあるからか、「肉はダイエットの敵」とイメージしている人は多いものです。

中にはたんばく質は大切だと知っていて「お肉も食べてます」という人もいますが、低カロリー高たんばく質でヘルシーなイメージの「鶏のささみ」ばかりだったりします。

意外かもしれませんが、鶏のささみはそれほどダイエット向きの食材ではありません。どうせお肉を食べるなら、脂肪の燃焼を高める「L-カルニチン」をたっぷり含んだ羊や牛のお肉の方が理想的でしょう。

L- カルニチン」はお肉の赤い部分に多く含まれていますので、白っぽい鶏肉にはほとんど含まれていないのです。普段でもお肉を食べる時は「赤いお肉」を選ぶのが魅力的なボディラインには必須です。ですから鶏肉も赤味の強い地鶏を選んだ方がいいでしょう。

カルニチンは脂肪酸を燃やすカギ | ビタミンの効能を利用してダイエット

自分に合うものを食べる

「自分が好きになる人と、好きになってくれる人のタイプが違う」というのはよく耳にする「恋愛あるある」のようなものです。
そんな人に逆に聞きたいのですが「あなたは自分自身のことを好きですか?」ということ。
ここで「うーん、あんまり」とか「自分は好きじやないです」と答えるようでは、前述のようなすれ違いが起こるのは当然です。

自分で自分のことを「好きじゃない」限りは、アプローチしてくれる男性とは好みが合いません。だって、相手はあなたのことを「好き」なんですから。この悲しいすれ違いから脱する方法はたったひとつ。自分を好きになることです。

とはいえ、自分のことを否定している女性は意外と多いものです。そんな人にこそ「あなたに合った好きなものを食べましょう」と伝えたいんです。

昔の子どもはいつもお腹を空かせていて「今日の晩ごはんは何? 」ってワクワクして家に帰ってきたものです。でも、今は食事を楽しみにする子どもも減っているようです。

大人になればますます食事は日々の中のひとつのルーティンになってしまっています。忙しい人にとっては、食事の時間でさえ惜しいと思っている人もいるでしょう。

例えば、会社の飲み会やパーティーなどがあった時に、あなたはウキウキ・ワクワクと参加できますか? 「嫌だな、行ったらまた食べちゃう」「お酒とか断れないし、どうしよう」と憂鬱な気持ちになっていませんか?

そういうふうに「食べるのは罪なこと、悪いこと」だと思って食べたものが、体にいい影響を及ぼすはずがありません。逆に「今日のパーティーでは何が出るかな? 」「わー、おいしそう! 」という食べものへの期待感で代謝も上がるというもの。「うれしい」「幸せ」というプラスの感情で食べたものは意外に太らないのです。

パーティーのことだけではなく、日々の食事でも一緒。義務だと思って嫌々食べたり、カロリーを気にしながら恐る恐る食べたものは好きになれない自分をつくる、好きだと思いながら食べたものは好きな自分をつくる。とてもシンプルなことです。そして、好きなものを食べることが理想的な恋愛を始める一番最初のステップなのです。

肉が魅力のもとになる

一般的にいう「モテる女性」の多くは食事にストレスを感じている人はいません。女優さんやモデルさん、ダンサーさんでもトップを極めていて、男性から見ても女性から見てもため息が出るほど魅力的な女性は、食べものとの付き合い方が本当に上手です。

例えば、明日が写真撮影なら「これを食べておくと肌の調子がいいの」というお約束のアイテムがちゃんとあったりします。今までの経験から、自分の体と食べものの関係を把握してうまく食べられています。

この関係性作りがちゃんとできていれば、食事はストレスどころか、楽しみのひとつ・心強い味方になります。だって、それによって自分を思ったように変えられるんですから、まるで魔法のようだと思いませんか?もちろん、その魔法は人によって違います。

例えば、ある野球選手は毎朝カレーを食べるのが元気の源らしいのですが、同じように朝にカレーを食べたら胃もたれする人もいるでしょうし、下手をしたらお腹をこわしちゃう人もいるでしょう。逆に元気を失ってしまう人もいます。
自分に合ったものを探して食べることがとても大切です。

美しい女性、キレイな女性というのは、意外にもは肉食の人が多いのも特徴です。世間的には、野菜や食物繊維をしっかり食べる女性のほうが女性らしくなりそうなイメージですが、肉食のほうがフェロモンもたっぷりです。

肉ばかりの食生活では、栄養的にかなり偏ってしまいます。また、病院では「メタポリック症候群になりますよ」と注意されることでしよう。
でも、実際、世の中には肉をガッツリ食べていて美しい女性がたくさん存在しているんです。体が健康でないと、美容的な美しさはありえません。この理論からすれば、美しい人たちの内臓は当然健康なはずです。

健康と美容をキープするためにを食べるということは、そのまま「生命力」をいただくということです。食物連鎖のピラミッドでは、その頂点には人間がいます。それは生命力の強さの臓位でもあります。トップの人類のすぐ下にあるのが動物(肉)で、そして魚次に植物、と続くのです。ピラミッドで人間の真下にいる動物を食べることで生命力を効率よく取り入れられるというワケなんです。

いつも食べるお肉の牛や豚、馬の躍動感を自分の体に取り入れることで、生命力の強い人間になるようにイメージします。セクシーで生命力に満ちあふれた女性こそが「モテる女」。野菜(植物)ももちろん必要ですが、それだけでは、あふれる生命力は作りきれないのでしょう。