ティースプーン1、2杯程度の質のいいオイルを毎日摂る

1日にオイルはどれくらいまでとればいいのでしょうか?どんなに質のいいオイルでもオイルには変わりありませんから摂りすぎはやっぱり心配です。

海外ではかなりの肥満の人が1日3回大さじ1杯ずつの油をとったらやせたというデータがあるのですが、日本人はなかなかそこまで摂れないでしょう。胃のほうがダウンしてしまいそうです。

ただ、少々多めにとっても大丈夫というのは、この結果でもわかっていただけるのではないでしょうか。今まであまり油をとる生活をしてなかった人は「最初は1日l回か2回、ティースプーンに1~2 杯ずつを食事の時に」を目安にするといいでしょう。

オメガ3なら生のままがいいというと、そのまま飲もうとする人がいますが、通常は「ウェッ!」となってしまいます。体が拒否反応を示すとり方では、ほとんど吸収されませんからオイルをそのまま直接飲むのはあまりオススメできません。

では、オイルのおすすめのとり方は?サラダはもちろん、煮物でもおひたしでもスープでも、妙め物の上からでも、いろいろなお料理にかけるのがよいでしょう。

納豆に加えるとマイルドになって美味です。仕上げにいい油をかけるとコクが出ておいしさも増します。ラーメンやアイスクリームにかけたり、トーストにバター代わりに塗っている人もいらっしやいますし、意外なところでは豆乳ココアにオイルなんていうのもこれまた美味です。

オイルは意外と幅広く、何にでも合います。前にCMで「おいしい物は糖分と油でできている」とありましたがまさにその通りです。

また、かけるものは何でもいいのですが、とくに体に悪そうなものを食べる時にこそオイルをプラスするのがポイントです。アイスクリームなど乳脂肪を含むもの、唐揚げやピザなどの悪い油を含んでいるものを食べる時に「いい油」を足すよう心がけてください。

最後に、いい油はあたたかい場所に置いておくだけでも酸化が進みます。封を開けたら冷蔵庫に保存するのもいい油を有効にとり入れるポイントです。
どうしても油をとることができない人はサルバチアなどはどうでしょうか?いわゆる最近、注目を集めているチアシードです。オメガ3がたっぷりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です