明るい気持ちでダイエットを継続するポイント

Question

明るい気持ちでダイエットを継続するポイント

Answer

  1. 自分自身に自信をもつ
  2. 自分をみがいて自信を持つようにすれば、太っていることにこだわりすぎることもなくなり、かえって自己コントロールがしっかりできるようになるでしょう。この自己コントロールさえできれば、ダイエットはむずかしいものではありません。

  3. 心に余裕をもつ
  4. 「ダイエットに最善を尽くさなければ」とか、「やせるまで○○を絶対しない」などと思い詰めないこと。自分を追い詰めてみてもダイエットは成功しません。また、人に「私、太ってる?」と聞けるくらいのおおらかさがほしいものです。中には「今くらいの体形がいい」といってくれる人もいるはず。自分を客観視するために、人の批評にすなおに耳を傾けることができるくらいの心の余裕を持ちましょう。

  5. 構えずに気軽に取り組む
  6. ダイエットの基本は、構えないこと、ダイエットを特別なことと思わないことです。リラックスしてやりましょう。とはいっても、正しいダイエットを身につける努力は必要ですし、多少、苦しいこともあるはずです。そんなとき、つらいと思い込まないように、物事をプラスのイメージにして、自分自身のつらい気持ちを楽にしていく自己訓練を心がけます。

  7. 途中で挫折しても「ダメ」とは思わない
  8. たとえば友だちと食事して、つい食べすぎたというときも、「もうダイエットに失敗しちゃった」とあきらめたり、投げたりしないことが大切です。

    落ち込んだり後悔するより、体をいつもより動かすといった対策をフォローし、「ダイエットの成功日がl日分遅れただけじゃないか」と考え、めげずにまたがんばればいいのです。常にあすのことを考え、前向きにダイエットをつづけましょう。

現代人は栄養が過剰な偏った特徴的な栄養失調の状態だとも言われています。そういった現代人に効果的な「ビタミンダイエット」があります。

ダイエット中にいらいらするのは?

Question

ダイエット中にいらいらするのは?

Answer

ダイエットをはじめてある程度時間が経過するといらいらしてちょっとしたことにも過剰に反応したりに、夜も不眠症になることがよくあります。
いつも空腹感をがまんし、自分を常に抑制、コントロールしていなければならないという精神的なプレッシャーがあるのですから、当然です。
また、食べる量が少ないため血糖値が低下し、精神に影響を与えていることも見落とせません。さらに食欲を長い間、無理に抑えていると、自律神経に失調をきたし、頭痛や腹痛、動悸、立ちくらみなどの症状が出てくることもあります。
立ちくらみは、体内の水分量の減少や鉄分不足から貧血を起こしているためと考えがちですが、実は、自律神経のバランスのくずれが原因で起きていることもあるのです。
ダイエットというと、とかく生理的な不調のほうに目を向けがちですが、実は琴神経の面にも気づかないうちに、小さな症状がいくつも吹き出しているのです。
ダイエット中にイライラするというのは、体がSOSを発している証拠です。一度、中断して様子を見てから再開するように.しましょう。

友人とのダイエット競争について

Question

友人とのダイエット競争について

Answer

友人、あるはグループでダイエットすることは、励まし合い、慰め合って一見うまくいきそうです。しかし、「どちらが早くやせられるか」で競争していては、あせって無理な減量に走りやすく、ことによっては体をこわしかねません。
ダイエットは、やはり、ひとりひとりがマイペースでやるほうが効果的。もともと「やせている」 というのは相対的なものですから、つい他人と比較してしまう要素があるようです。
自分ひとりでマイペースでやっているつもりでも、頭の中では、世の中のスラリとやせた人全般を想定し、比較しているものです。
しかし、自分にとっての理想体重は他人と比較して決められるものではありません。体が軽くて心地よい状態に達したら、それが、その人にとって最もふさわしい体重なのです。自分の気持ちをじょうずにコントロールし、他人の軽はずみな言動には振り回されないようにしましょう。

ストレスをためないよう方法はないでしょうか?

Question

ストレスをためないよう方法はないでしょうか?

Answer

まず、上手にダイエットするにはストレスの原因を取り除くこと以外に方法はありません。建設的に解決することが大切です。

しかし、ひと口にストレスといっても、生活に根ざした、のがれられない事情に起因するものもあるでしょう。どんなに冷静になってストレスの原因をとり除こうとしても、思ったとおりにはいかないもの。

そこで、おすすめしたいのが運動です。ストレスの原因がとり除けなくても、運動で気分を発散させると不思議にプレッシャーがなくなるものです。運動だけに限らず、各人なりのストレス解消法を見つけておくことも、もちろんけっこうです。
運動はおすすめです。いらいらがおさまりやすいよい対処法です。

ストレスがたまるとやけ食いをしてしまう

Question

ストレスがたまるとやけ食いをしてしまう

Answer

仕事が忙しくてつらい、上司、部下との関係がぎくしゃくしている、友人の関係でトラブルが絶えない、家族間のもめごと、失恋、結婚生活への不満。
これらの悩みや不満があって、なにかイライラしたり、カッカしたりすると、その感情をやわらげるために、食べることに熱中する、その結果、気持ちがしずまり落ち着く。つまり、理性で抑えていたイライラが「食べる」という行為に吐き出されることによって、ストレスが発散され、それによって感情のバランスが保たれる、というのが、いわゆるヤケ食いのメカニズムです。これは、人間としてごく自然な行為です。
では、どうするか?肥満の誘因である精神的ストレスを自覚し、そのストレスの原因が何なのかをはっきりと認識することです。そして、それを、ヤケ食い以外で解決しょうと努力するしかありません。
いわゆるストレスの原因となっている問題点を前向きに解決しなければらならいのです。