食事を1食抜いてもケーキを食べたい

Question

食事を1食抜いてもケーキを食べたい

Answer

ケーキは、脂肪と糖質にかたよった過剰エネルギー食品の代表です。たとえばチョコレートケーキ1切れで、ご飯約2膳分と同等です。
しかも、脂肪と糖質を同時にとると、互いに吸収を助け合い、体脂肪の割合が上がるという研究結果が出ています。
これでは、まさに太るために存在する食品といってもいいすぎではありません。こんな食品と、体が必要とする各栄養素を補給するための食事を交換することはできません。

砂糖より蜂蜜やダイエット甘味料のほうがいいのでしょうか?

Question

砂糖より蜂蜜やダイエット甘味料のほうがいいのでしょうか?

Answer

まず、蜂蜜から検討してみましょう。一般的に蜂蜜は低エネルギーで滋養食品といいます。また、ビタミン、ミネラルも含まれるというような話をよく聞きます。
しかし、これをまるごと信じて、蜂蜜をたっぷり使ってしまっては、いままでのダイエットの努力も水の泡です。確かに上白糖100g=384kcalに対して蜂蜜は100g=294kcalで低カロリーです。 です。しかし、蜂蜜は液体であるため、同じスプーン1杯分の量なら、蜂蜜のほうが重量が大きくなり、砂糖のほうが低エネルギーになります。
また、砂糖より蜂蜜のほうが、体内に入って脂肪に変わる率が高いともいわれます。

次にダイエット甘味料ですが、砂糖などとくらべると確かに低エネルギーです。ただ、ダイエット甘味料を使っていると、いつまでも甘い味から離れられないうえ、使いすぎると甘みに鈍感になり、そのうちほんとうの砂糖がほしくなったり、甘いもののドカ食いの習慣が復活するおそれがあります。できるだけ避けたいものです。

ダイエット中は甘いものはNGですか?

Question

ダイエット中は甘いものはNGですか?

Answer

そんなことはありません。ダイエット中でも、食べたければ、食べてもいいのです。「食べてはいけない」と決めてしまうと、心理的な負担がかかるわけで、意識すればするほど、それを抑えるために大きなエネルギーを注がなくてはなりません。甘いものはタブーと思うと、かえって食べたくなるものです。その結果、がまんしきれず、つい手が出てしまい、自分の意志が弱いことを自分で責める、といった罪悪感がつのるとになります。
そんなプレッシャーをかかえるくらいなら、食べたいときは食べればいいのです。ダイエットを中断するきっかけになることが避けられて、かえっていいくらいです。ただし、食べすぎないことは当然として、食べ方にたとえば次のような工夫をこらしてみましょう。

  1. 毎日食べない
  2. 週に1度だけ食べてもいい日を決める
  3. ダイエットの目標の一地点を達成したお祝いの時に食べる

なお、同じ甘いものでも、ケーキよりは和菓子のほうが低エネルギー。食べるなら和菓子がおすすめ。

ダイエット中は豚肉よりも鶏肉のほうがいいのでしょうか?

Question

ダイエット中は豚肉よりも鶏肉のほうがいいのでしょうか?

Answer

鶏肉がよくて豚肉はダメというのは迷信です。昔の地鶏にくらべていまのブロイラーは脂肪が多く、逆に豚肉はエサの改良などで脂肪分が少なくなっています。
いずれにせよ、肉に含まれる脂肪が多いか少ないかが問題なのです。豚肉ならヒレ肉や赤身肉(肩肉やもも肉)を選ぶようにし、鶏肉ならささ身を選ぶようにしましょう。

肉より魚のほうがダイエット向きでしょうか?

Question

肉より魚のほうがダイエット向きでしょうか?

Answer

肉より魚のほうが低エネルギーとは限りません。魚は肉よりもエネルギーが低いと思われがちですが、やはり、脂肪が多いか少ないかが問題なのです。
たとえば、にしん、さんま、さば、ぶりなどのように脂ののった魚は、牛ロース並みの脂肪が含まれていて、意外に高エネルギーです。
また、魚の部位によってもエネルギーは違います。特に、まぐろのトロは要注意。ダイエット中は、たいやひらめ、かれいなど白身の魚が比較的脂肪が少なく、おすすめです。

ダイエット中は肉はNGなんですか?

Question

ダイエット中は肉はNGなんですか?

Answer

肉類は太るというイメージが強いのですが、要は脂肪分が多いか少ないかが問題なのです。確かに脂身の多い肉はエネルギーが高く、ダイエットには大敵です。
しかし、肉の主な成分であるタンパク質は、筋肉や皮膚、骨、血液などの材料になる重要な栄養素です。また、ホルモンや酵素、免疫物質の材料ともなり、代謝にとてもたいせつな働きをします。
いくらダイエット中とはいえ、この材料が不足するのでは、引き締まった体やきれいな肌はつくれません。
牛や豚などの脂身の少ない部位の肉(ヒレ肉やもも肉などの赤身)は、ダイエット食にもとり入れたいものです。体重50kgなら、1日50~60gのタンパク質(牛ヒレ肉なら280gに相当)をとることが目標です。ただし、食べすぎはもちろんいけません。

たんぱく質を60gとれるダイエット向きのさまざまな肉の量

    牛肉

  • もも肉脂身なし…270g
  • ヒレ肉…280g
  • 肩肉脂身なし…280g
  • 肩ロース脂身なし…290g
  • 豚肉

  • もも肉脂身なし…280g
  • ヒレ肉…280g
  • 肩ロース脂身なし…340g
  • 鶏肉

  • ささみ…250g
  • 胸肉皮なし…260g
  • もも肉皮なし…330g

植物性の油はたくさんとっても太らないのでしょうか?

Question

植物性の油はたくさんとっても太らないのでしょうか?

Answer

太ります。サラダオイルなど植物性の油はさらっとしていてエネルギーが低いと思いがちですが、すべての食用油は1Lあたり8000~9000kcalあり、種類によってエネルギー量に変わりはありません。
とりすぎれば当然太ります。摂るのであれば植物油を推奨しますが、摂りすぎは禁物ということです。

しかし、最近は、こちらの油を味方にする | 太らない食習慣でも紹介されているとおり、

植物油は大まかに「オメガ3」「オメガ6」「オメガ9」の3タイプに分けることができます。「オメガ3 」は、現代人のほとんどが足りていない油で、良質な脂肪酸である「α-リノレン酸」を含んでいます。
のとおりオメガ3 系は積極的な摂取が推奨されています。Ω3系はアマニ油、エゴマ油、くるみなどにたくさん含まれます。

Ω6系は現代人は摂りすぎなので控えるようにします。
ちなみに髪や肌にうるおいを与えるのはΩ9系です。エクストラオリーブオイルなどです。火を通さないでサラダなどにかけてそのまま食べるほうがいいでしょう。

ダイエット中は揚げ物はNGですか?

Question

ダイエット中は揚げ物はNGですか?

Answer

油ものは太ると思い込んでダイエット中に油脂類を一切摂らない人がいますが適度の油は必要です。特に、植物油は、体に欠かせない不飽和脂肪酸が含まれる点で、栄養源として重要です。また、油をとらないと皮膚がカサカサになったり、腹もちが悪くなるのです。
最近は、良質のオリーブ油、ごま油は積極的に摂るようにすすめられています。

とはいえ、油脂類の摂取は控えることが大事。天ぶらやフライは衣にたっぶり油を含むので、やはり避けたいもの。から揚げや素揚げのほうが吸収する油の量が少なく、おすすめです。
自分で調理する場合、から揚げや素揚げにする素材は一口大に切らず、まるごと揚げると、吸油量を減らせます。また、いため物は、テフロン加工のフライパンを使うと、油の量を控えることができます。ちょっとした気遣いも余分なエネルギーを摂取せずにすみます。

水分の摂りすぎは水太りの原因になりますか?

Question

水分の摂りすぎは水太りの原因になりますか?

Answer

水だけで太ることはありません。
「水太り」などという言葉があるためか、「水分をとりすぎると太る」と信じている人がいます。水太りというのは、あたかも水けを多く含んでいるかのようなポチヤポチヤとした太り方をあらわしたもので、水で太ったということではないのです。
水はエネルギーゼロで、いくら飲んでも太ることはありません。
水自体が脂肪にかわることはないのです。体内の水分量は一定で余分な水分は尿として排泄されるので、安心して飲んでください。水分をとったことで一時的に体重がふえても、太ることにはつながりません。もっと

も、ここでいう水分は、水、あるいは麦茶、ウ一口ン茶などに限られます。糖質をたっぷり含む清涼飲料水をガプ飲みすれば当然太りますし、紅茶やコーヒーにミルクや砂糖を入れて飲めば、それらにエネルギーがある分、太る原因になります。
もし、ほんとうに水しか飲んでいないのに体重がふえるようなら、腎臓病などのおそれがあるので、きちんと病院でみてもらったほうがいいでしょう。水では太ることはないのです。

ダイエットには洋食より和食のほうがいいのでしょうか?

Question

ダイエットには洋食より和食のほうがいいのでしょうか?

Answer

煮る、焼く、蒸すなど、油を使わない調理法が多い和食は、バターやオイルなどエネルギーの高い調味料を多く使用する洋食とくらベてダイエット向きであることは確かです。
それにくわえて和食は少量のおかかずを品数多くそろえることができ、栄養のバランスをとるえでうえで有利です。
ただし、これは一般論で和食といっても揚げ物は非常に高いエネルギーですし、味付けが濃い煮物や味噌汁はご飯を食べ過ぎてしまう原因になっています。
和食=ダイエット向きと決めつけずに食事全体を考える必要があります。