早食いが肥満の原因になる理由

Question

早食いが肥満の原因になる理由

Answer

単純に早食いが肥満の原因とはいい切れませんが、太っている人に早食いの傾向があるのはほんとうです。
ところで、おなかがすいたり、いっぱいになったりという感じは、実は、脳の中にある摂食中枢と満腹中枢によってコントロールされています。
この2つの中枢は、主に血糖値(血液中の静の量) に左右され、血糖値が高くなれば満腹中枢が働いて空腹感がおさまり、逆に、血糖値が低くなれば摂食中枢が働いて空腹を感じます。
つまり、もうおなかがいっぱいという感じは、食べ物の一部が消化吸収され、血糖値が高くなって起こるわけです。一般に満腹サインともいうぺき血糖値は、健康な人で140~150mg/dlぐらいと考えられています。血糖値がこの数値にまで上がるには、食べ始めてから約30分かかります。

ところが、早食いすると、満腹中枢が刺激される前に食事が終わります。まだ満腹中枢が刺激を受けていないため、食べた気がしないし、体はさらに食べることを要求します。こうして、満腹中枢が働くまでに多く食べてしまうことになり、結局太ってしまうのです。
やせるには、食事には少なくとも15分以上はかけることです。ひと口20回以上はよくかんでゆっくり食事をすれば、腹八分目で満腹感が得られます。よく噛んで食べるのは自律神経が安定して体調もよくなるのでおすすめです。

ダイエット中の夜遅い食事がNGな理由は?

Question

ダイエット中の夜遅い食事がNGな理由は?

Answer

「夜食は太る」とよくいわれますが、これはほんとうです。人間の体は、昼間は交感神経の働きが活発で、夜は逆に、副交感神経の働きが活発となります。
交感神経が働くと、脂肪を分解するホルモンが分泌されますが、副交感神経では、昼間失ったエネルギーを補い、あすに備えて脂肪を蓄積する状態がつくられます。
つまり、100kcalの食品は、いつ食べようと同じ100kcalですが、夜食べると、そのエネルギーはほとんど使われず、夜中に脂肪組織としてしっかり体内に蓄えられてしまうのです。
ですから、早寝早起きをして夜食は食べないにこしたことはありませんし、夕食は軽くし、寝る2〜3時間前には何も口にしないことがやせるための鉄則といえます。なお、おなかがすきすぎると、イライラして眠れないという状況にある人のみ、就寝1時間前の夜食なら食べてもかまわないとすることもあります。
ただし、1日の総エネルギーの中に夜食分も入れて、1日4食のつもりで食べることです。また食べるものは軽いものにすること。牛乳をあたためて飲む、あるいは果物を少し食べる程度にとどめます。間違ってもラーメンやパスタといった高カロリーのものはダイエットの意味がなくなってしまいます。

交感神経について

食欲と関係のある神経に、交感神経と副交感神経がありますが、この2つについてです。大脳から出ている神経繊維に「自律神軽」というのがあり、内臓や血管はこの神経に支配されて動いています。

この自律神経は、「交感神経」と「副交神経」という2つの神経から成り立っています。交感神経は戦闘の神経ともいわれ、さあ、仕事をしよう、勉強をしようというときこの神経が興奮し、脳や心腹などに血液が集まり、全身に活力と緊張感がみなぎってきます。
この神経が働いているときは、胃腸の働きが抑制されて空腹感がなくなるのが普通です。

これと逆の働きをするのが副交感神経です。これは、いわば休息の神経で、この神経が働いているときは、心腹の鼓動もゆったりして安らいでいますが、
その一方で、胃腸の働きは活発になり、消化吸収が盛んになって食欲が高まります。
一般に、仕事などしなければならない明るい時間帯には主に交感神経が、夜、眠っている間は体を休ませるために副交感神経が働くシステムになっています。
そして1日の中でも、食事に限らず、運動やストレスなど、さまざまな状況に合わせて、この2つ神経がじょうずに体調のバランスを保つように働いているのです。

外食の頻度が高いと肥満になるのは何が原因でしょうか?

Question

外食の頻度が高いと肥満になるのは何が原因でしょうか?

Answer

おおむね次の2つの理由が考えられます。1つは、栄養のバランスがくずれることです。外食は糖質や脂肪が多く、たいせつなタンパク質や野菜がどうしても不足がち。
もう1つは、高エネルギーのメニューが多いことです。外食は、ボリュームアップさせるために、揚げ物は衣が厚くついていたり、味をマイルドに仕上げるためにラードを使っていたりして、家庭料理とくらべ、エネルギーが高くなっています。外食は2~3日に1回に抑えることです。どうしても外食生活をせざるをえない場合は、外食メニューの中から、できるだけ栄養的に満足できる、ダイエット向きのものを選ぶことがたいせつです。和食が特におすすめです。お弁当であれば幕の内弁当のようなものがいでしょう。

味付けが濃いものは太りやすいというのは本当?

Question

味付けが濃いものは太りやすいというのは本当?

Answer

味つけが濃いということは、調味料の塩や砂糖などの分量が多いということです。糖分も多いということは塩分も多いということです。減塩などをした薄味のおかずだからといって、即ダイエットにつながることはありません。
しかし、おかずの味が濃いと、ついつい主食などのご飯を食べすぎてしまいがち。また、塩分をとりすぎると、体内の細胞が、中に水をとり込むことになって、体外に水を排泄しにくくなります。
つまり、ややむくみぎみになってしまうのです。これらのリスクを避けるためにも、ダイエット中は、薄味にしたほうがベターです。
そもそも料理は、調味料ではなく素材の風味を楽しむものです。おいしい料理をいただくためにも、味つけは、だしやスープをきかせた上品な薄味が基本です。薄味にする秘訣は、まず砂糖を減らすことです。甘辛く煮るものなどは甘さが減れば、塩分も少なくてすむので、比較的スムーズに薄味にできます。

味が薄くてもおいしいモノを食べるポイントはやはり出汁をしっかりとったり酸味をうまく活用することにあります。高血圧の方は、減塩が絶対条件ですので高血圧の人の食事から薄味にする方法を見いだすと簡単にみつかります。

たとえば、高血圧改善のサイトでは減塩を成功させるには5つのポイントがあると言われています。

  1. 見た目を美しく
  2. 刺激を利用する
  3. 香りを利用する
  4. 酸味を利用する
  5. だし汁を利用する

ダイエット中の人もこうした高血圧の人の食習慣を参考にするのがおすすめです。

インスタント食品はダイエットの時にはNGというのは本当でしょうか?

Question

インスタント食品はダイエットの時にはNGというのは本当でしょうか?

Answer

市販のインスタント食品やレトルト食品、チルド食品、冷凍食品は、いずれもみんなの口に合うように、ラードのような油脂類を比較的多く使い、口当たりよく仕上げてあるのが一般的です。
つまり、エネルギーが高くなりがち。そのうえ味も濃く、化学調味料や食品添加物なども多く含まれています。しかも、買ってきたものを食卓に並べてみると、どうしても野菜の量が少ないのが普通です。
これらの点から、3食ともインスタント食品に頼りきるということになると、栄養のバランスがかたより、肥満の原因になりがちです。
ただ、現実問題、これらのインスタント食品を全く利用しないわけにはいかない、というのが現状ではないでしょうか。たいせつなのは、他の食品とバランスをとって食べるということです。これなら、一概に太る原因になるということはありません。
実際、インスタント食品を利用したメニューによって、栄養のバランスをとりながらやせよう、という本も出版されています(主婦の友社刊、塩澤和子・枝元なほみ著「コンビニエンスダイエットBOOk」)。

コーヒーはダイエット時にはNGなのでしょうか?

Question

コーヒーはダイエット時にはNGなのでしょうか?

Answer

コーヒーに関して言えば「飲み方」ポイントです。ブラックで飲むのであればエネルギー的に何も問題ありません。ただ、砂糖、ミルクなどをたっぷり入れれば、もちろんエネルギーはアップしますし、それ以上に問題なのは、そんなコーヒーを飲みつづけていると、味覚が鈍感になること。繊細な味覚を失うと、ドカ食いや絶え間ない間食につながるおそれもあるので注意が必要です。
また、カフェインが含まれるので昼間の間に飲み過ぎると夜眠れなくなります。睡眠時間を十分に確保できないと太る原因になります。
コーヒーが大好きでどうしても飲み過ぎてしまう習慣が改善できずに眠れなくて困っている人は、こちらのアロマを使った方法がおすすめです。

牛乳の飲み過ぎは太ると聞いたことがあるのですが

Question

牛乳の飲み過ぎは太ると聞いたことがあるのですが

Answer

ほんとうです。牛乳は9割が水分ですが、あとの1割の中には糖質、タンパク質、脂肪、カルシウム、ビタミン2 などが豊富に含まれています。
特にカルシウムの補給源としては、たいせつな食品です。1日1~2杯なら、まさに健康飲料ですが、水がわりにガプガプ飲んでしまうのは、ダイエット中にはちょっと考えもの。
必要以上にとることは肥満につながるのです。牛乳は140mlで80kcalですから、水がわりにと、たとえば1パック、1000mlも飲んでしまうと、なんと約80kcal もエネルギーをとることになります。
1日に牛乳を多量に飲む習慣のある人はスキムミルクやローファット牛乳にして、1日に多くても400mlにまで減らす必要があります。

ビールは太るがワインやウィスキーであれば大丈夫?

Question

ビールは太るがワインやウィスキーであれば大丈夫?

Answer

いいえ。カロリーゼロ、エネルギーゼロの水と違い、アルコールが入っているのでどんなお酒にももエネルギーはあります。たとえば油脂は1gあたり9kcal、たんぱく質や糖質は1g、4kcalに対して、アルコールは1gで7kcalです。(ただし、アルコールは、体内に入ったあと、汗や呼気の中に排出されるので、実際にエネルギーとなるのは5kcalともいわれます)。
また、アルコールのエネルギーは、その度数(アルコールが含まれている割合) に比例します。ですから同じ量でくらべるなら、ウィスキーや焼酎はもちろん、ワインや日本酒のほうがビールよりも高エネルギーです。かといってビール大びん1本663kcalもの量を飲めば、やはり高エネルギーになることには変わりありません。いずれにせよ、ダイエット中はお酒を飲まないか、できるだけ控えるほうが体のためにもダイエットのためにもよいでしょう。

お酒を中断せずにできるダイエット

Question

お酒を中断せずにできるダイエット

Answer

ありません。
少量ならば百薬の長といえるアルコール頼も、飲みすぎればダイエットの敵といえるでしょう。というのも、アルコール類はすべて高エネルギーだからです。

特に、甘いカクテル類は要注意。そのうえ、アルコールは胃液の分泌を促して食欲を高める作用があります。食前酒をやめるのはもちろん、飲みながらの食事も感心できません。
ダイエットを肝に銘じていても、飲むほどに酔うほどに抑制がきかなくなり、いつの間にか過食していることが多いからです。
ダイエットを心がけているのなら、アルコール類は「たしなむ程度に」 を心がけてください。

具体的には、ご飯1膳程度のエネルギー量にとどめることです。そして、つきあいなどで、やむをえず量を越したようなとき、飲んだ分だけ何を減らすかということならば、やはり食事の際のご飯の量を減らします。

ただし、毎回ご飯を抜いてアルコールを飲むと、エネルギー量は変わらなくても、お米に含まれる他の栄養素がとれません。

飲酒は週1~2回に捜え、ご飯との交換もせいぜい週1回までにしてください。

飲み始めると止まらないという人は、飲む前に水かお茶をコップ1杯飲んでおくといいでしょう。酒量はのどの渇きにとても影響されるので、お酒を飲む前にのどの蒔きをいやしておくと、それほど飲めなくなります。

また、おつまみも、チーズやピーナッツなどのようにエネルギーの高いものはもってのほかです。焼き魚や酢の物など、食事用のおかずを利用tます。ただし、薄味にすること。薄味のおつまみは、お酒の量を控えることができると同時に、摂取エネルギーを抑える役目もします。
「お酒をたしなむ」ことでストレスも軽減できるのであればいいのですが、さまざまな制約の中で逆にストレスになるようでしたらこれを機にやめてしまうのもいいでしょう。

食前に甘いものを食べるとダイエット効果がある?

Question

食前に甘いものを食べるとダイエット効果がある?

Answer

ダイエット中、いちばん苦しいのが、空腹をがまんすること。そんな空腹状態で食事に臨んでもどか食いをまねきやすくのは当然です。そこで食前に、アメ玉1個をなめるだけで、血糖値がほんの少し上がり、確かに空腹感がやわらぎます。アメ玉は1粒10kcal前後なので、問題になりません。ただ、これは、あくまで「だまし」で、ダイエット効果といえるほどのものではありません。また、いうまでもなく、アメ玉であっても食べすぎはダイエットには逆効果です。