不老長寿ホルモン「メラトニン」が若返りに必要

サプリメントで「毎日の睡眠中にダイエット」をより効果的にする方法があります。寝つきが悪い、夜中に目が覚める、朝早く目が覚めてしまう、眠りが浅いといった悩みがなかなか消えないという人は、ぜひ試してもらいたい方法です。

誘眠ホルモン、メラトニンをつくる材料となるアミノ酸は鶏肉、卵、牛乳などに多く含まれています。メラトニンそのものを多く含む食材はトウモロコシ、玄米、ダイコン、バナナなどです。メラトニンが少ないために不眠が起こっている場合は、食材やサプリメントでその分泌量を増やすことによって、「良い眠り」が得られます。

睡眠ホルモン「メラトニン」について詳しくはこちら

ただし、メラトニンの分泌はさまざまな要因に左右されるので、サプリメント服用に際しては専門医に相談したほうがいいでしょう。メラトニンには質の良い眠りをつくるという作用のほか、さまざまな老化防止作用があります。そのため、メラトニンは「不老長寿のホルモン」と言われています。

こう呼ばれはじめたのは、イタリアの世界的なメラトニン専門家の実験がきっかけです。メラトニン入りの水を与えたマウスと普通の水を与えたマウスの寿命を比較したところ、前者のほうが20%も延びたというものでした。人の寿命に換算すれば、25年も長生きし、100歳まで生きた計算になります。しかも、メラトニンを与えられたマウスは、体力も筋力も衰えず、白内障も起こさず、免疫力も性機能も低下しなかったというのですから、驚きです。

メラトニンには、強力な抗酸化作用があります。同じ抗酸化物資でもビタミンCは水にだけ溶け、ビタミンEは油にだけ溶けますが、メラトニンは水にも抽にも溶け、「体の錆び」の元凶である「活性酸素」にも有効なのです。また、メラトニンを服用すると、体の免疫機能を担う抗体(免疫グロブリンA)やNK( ナチュラルキラー) 細胞が増加することもわかっています。メラトニンが、体の免疫力を高めてくれるのです。さらに、高かった血中コレステロール値が下がった、血圧が正常レベルに下がったという研究報告もあります。
スヤナイトα

4件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です