酢豚にパイナップルは肉を消化するための理にかなったレシピだった

「太らない体」をつくるには、胃腸をつねに正常に働かせる必要があります。第一に「食べ方」に気をつけることが大切ですが、これをサプリメントでさらに強化する方法があります。まず、胃もたれには、消化酵素のサプリメントがいいでしょう。

胃液には胃酸と消化酵素が含まれていて、食べたものを消化するためには両方がバランス良く分泌されなければなりません。胃もたれがするときは、消化辞素を補うと改善します。

消化酵素のサプリメントは日本では市販されていないのですが、アンチエイジングドックで扱っているところもあります。食材ではパイナップル、パパイア、アボカドなどが消化を助けます。

酢豚にパイナップルを入れるのは理にかなったアイデアで、パイナップルに含まれるたんばく質分解酵素が、豚肉の消化を助けてくれるのです。消化酵素のサプリメントでも改善されない場合は、ピロリ菌(胃潰瘍や胃がんの原因になる) によって胃酸のペーハー(酸性度またはアルカリ性度を計る単位) が変わり、消化が遅くなり、不快症状を起こしている可能性があります。

慢性的に胃の調子が良くない人は、除菌を考える必要があるので、消化器の専門医に相談しましょう。ある人の例では2~3年前から胃もたれが起こるようになり、春くらいから胸焼けがひどくなってきたため、あまり食欲がわかないと言っていました。

食道や胃の検査を受けたところ、「潰瘍やがんはないけれど、胃の機能が低下し、胃酸が逆流して胸焼けを起こしている」と言われたそうです。

以前は胃酸の分泌が過剰になると、逆流性食道炎になると考えられていました。しかし実際は、胃酸が減少して胃内の酸性度があ がると、逆流を防いでいる胃の入口が緩み、胃の内容物が逆流しやすくなると言われています。

胃酸の分泌が減って消化が悪くなり、食物が長く胃にとどまるために胃もたれを起こしていました。そして、胃の内容物が逆流しやすくなったため、胃液の刺激で食道炎、つまり、胸焼けが起こっていたのです。そこで、胃酸の働きを助ける消化酵素をサプリメントで補うことにしたところ、胃もたれも胸焼けも、すぐに改善されました。胃の次は腸です。きちんと排泄するために、腸内環境をサプリメントで正常化することもできるのです。
腸内環境は、心臓や脳など生命に直結する部位と比べて、軽視されてきました。しかし最近は、腸内細菌のバランスが・全身状態や老化の進行に深く関わっていることがわかってきました。

腸内には多くの細菌が住みついています。いい働きをする善玉菌と、害を及ぼす悪玉菌があり、2~3割が善玉菌ならば健康な腸内環境と言われています。これは便ではっきりと判断できます。茶色く、ほど良い軟らかさ(見た目の感じが、チューブの歯磨き剤より少し硬めで、形がある程度) で、あまり匂いもせず、水に浮くような便が出るときは、腸内は善玉菌の多い状態です。

便秘がちで、黒っぼく、匂いも強く、硬くて水に沈むような便が出るとき、あるいは下痢をするときは、腸内は悪玉菌が多い状態です。
腸内環境を整えるには、乳酸菌、ビフィズス菌、納豆菌のサプリメントを飲みます。とくに乳酸菌は毎日補給することが重要です。便を出すことによって腸内環境がリセットされるからです。きちんと食べ・消化・吸収し、きちんと出すことは・「太らない体」の絶対条件です。胃もたれや胸焼けを解消すること、腸内そうじを習慣づけることは、「太らない体」づくりに欠かせないことなのです。腸内環境を良好に保つことは歳をとればとるほど重要性が高くなっていきます。

よく風邪をひく、口のまわりに吹き出物がでる、口唇ヘルペスが時々できる、冷え症…こんな現代人特有の症状は免疫力が低下しているのでラクトフェリンがおすすめです。少しの間(3~4日)食事の量を減らして飲むと驚くほどよくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です