太らない油「オリーブオイル」の実力

「太らない体」をつくると言っても、油をタブーにすることはありません。「植物油は体にいい」と信じている人も多いようです。
そのためバターをマーガリンに替えたという人がたくさんいます。たしかに、動物性の油は飽和脂肪酸を多く含んでいます。飽和脂肪酸には血中のコレステロール値を上げる作用があり、動脈硬化の進行を促したりするので、とりすぎは避けるべきです。

しかし、動物性の油=悪、種物性の油=良ではありません。植物油の中には動脈硬化の予防など、多くの有用な働きをするものもありますが、植物油なら何でも「体にいい」というわけではないのです。

たとえば、以前、植物油に含まれるリノール酸が「体にいい」とされ、おおいにとるよう推奨されたことがありました。その後、リノール酸は炎症のもとになる物質を増やすことがわかり、今ではとりすぎに注意すべき油脂の1つに加えられています。

マーガリンも、植物油です。植物性の油は、通常、常温では液体のはずなのですが、マーガリンは固形です。なぜでしょうか。化学的に水素を足して、固形にしているからです。その結果、自然界には存在しない脂肪(トランス脂肪酸) が副産物として混じっています。
これが、たいへん体に有害なのです。マーガリンは植物性の油ですが、じつのところマーガリンはど危ない油はない、と言ってもいいくらいです。
アメリカでは発がん性があるとして規制されていますが、日本では菓子パンやケーキなどの原材料にマーガリンが使用されています。マーガリンに限らず、市販の植物油はほとんどが、有機溶剤を使用した抽出法によってつくられています。本当に「体にいい油」は、オリーブオイル、ゴマ油など、昔ながらの圧搾法でつくられた植物油です。

パンにつけるなら、マーガリンよりもオリーブオイルのほうがはるかに健康的です。オリーブオイルでも、香りの高いエクストラバージンオイルは酸化が少ないうえ、抗炎症作用や強力な抗酸化作用のあるビタミンEを含み、おすすめです。オリーブオイルを常食していると、血液中の善玉コレステロールが増え、悪玉コレステロールが減ってきます。

これが動脈硬化の予防につながります。実際、オリーブオイルを常食している地中海沿岸の人には、心臓病が少ないのです。日本でもオリーブの産地である香川県小豆島では、多くの人たちがいつまでも黒々とした髪を持っています。彼らは若さを保っているということです。ほかにも、オリーブオイルは胃では胃酸の分泌過多を防ぎ、腸では栄養素の吸収を助けます。オリーブオイルを常食したら、糖尿病の患者さんの血糖値が下がったといぅ報告もあります。さらには乳がんや前立腺がんを抑制するという報告もあるなど、オリーブオイルは、植物性の油の中ではもっとも体にいい油と言えそうです。

ダイエット時にもこの油がとても役立ちます。
URL:http://metaboliz.net/diet/archives/77

そのうえで、油をとるならオリーブオイル、と心がけるようにします。トーストにたっぷりとつけていたマーガリンも、サラダにたっぷりとかけていたドレッシングも、明日からはオリーブオイルにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です