オンリーダイエットの真実「サウナスーツ」

Question

身長が155cm体重、55kgブヨブヨした水太りタイプです。私のようなタイプは、体から水分を出してやせるのがいちばんと、サウナスーツダイエットを始めました。
これは、痩身用のサウナスーツを家にいる間中着用してたくさん汗をかく方法です。1週間たったいま、体重は1kg減少。でも肌はガサガサ、休もフラフラします。おまけに、あせもだらけで痛いやら、かゆいやら。あせもを出さずにつづけられるいい方法はないものでしょうか。

Answer

汗を流せば、確かに水分は体の外に出ます。その分、体重も一時的には減少します。しかし、人間は汗を出したままの状態では脱水症状を起こしてしまうので、そのあとには必ず水分がほしくなるものです。
こうして水分をとってしまえば、体重はすぐまた元に戻ってしまいます。「肥満」というのはあくまで、脂肪の多い、少ないで決まるもの。ですから、このような水分だけの増減は医学的にはやせたことにはなりません。このほか「サウナで汗をかく」「やせたい部分にラップを巻く「通気性の悪いランニングウエアを着て走る」といったダイエット法も同じことです。
いずれも単に体の水分を減らすだけですから、けっしてやせることにはなりません。また、あなたがいうような〝水太り〃というのは、医学的にはありえません。人間の体は約60%が水分ですが、その量はほぼ一定に保たれるように調節されています。もし、ほんとうに水が体内にたまって太っているとしたら、それは心臓や腎臓の病気の可能性があり、ダイエットどころか治療が必要です。とにかく、無意味なダイエット法はいますぐやめるべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です