親が太っていれば子供も遺伝で太るのでしょうか?

Question

親が太っていれば子供も遺伝で太るのでしょうか?

Answer

肥満の遺伝については、さまざまな学説があります。太った両親の子どもが、太っている場合もときどき見かけられることもあって、一般に肥満は遺伝すると受け止められがちではあります。しかし、このように親と子の肥満の相関関係が高いのは、食生活のパターンや噂好傾向、生活習慣が子どもに影響を与えているからだとも考えられます。
つまり、ひとつ屋根の下で暮らすなら、食生活も当然似通ってきます。脂肪のもとになる糖質たっぷりの食事、間食が多く、なんでも好きなものを好きなだけ食べてよしの環境、そのうえ外に出るより家でじっと過ごすのが好きとなれば、親子で、あるいは家族そろって肥満でも、ちっともおかしくはありません。
太る素質をぐんぐん伸ばしているわけです。肥満の遺伝子は見つかっていないといわれていることですし、もし、あなたが太った両親をお持ちなら、遺伝とあきらめないで、常に肥満に対して警戒心を持ち、食生活に注意することがたいせつです。
世の中には商売にかこつけてダイエットに関連する商品が多数売られていますし、情報も反乱していますが「ダイエットメニュー選びに迷ったら原形食品」を頭に入れておくといいでしょう。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です