体重測定以外で肥満度をチェックする方法は?

Question

体重測定以外で肥満度をチェックする方法は?

Answer

肥満度のチェックというのはいわゆる皮下脂肪のつき方を調べることです。自分でできる簡単な方法は、肩甲骨の下と二の腕の内側をつまんでみることです。それぞれの厚みを加えたものが女性では50mm以上、男性では40mm以上なら肥満です。
ただし、この測定には、専用の器具(皮脂厚計) を使わなければなりませんし、熟練した医師でないと、誤差が出やすいものです。最近では、デパートなどでも、この皮脂厚計が売られています。簡単な仕組みのものから、かなり精密なものまでいろいろ見かけますが、器種によってデータもやや変わってくるようです。いずれにせよ、おおよその目安をつける程度なら、利用してみるのもひとつの方法でしょう。

超音波皮脂厚計(皮膚・脂肪・筋肉 画像断面機)

超音波皮脂厚計(皮膚・脂肪・筋肉 画像断面機)
価格:2,268,000円(税込、送料込)


プローブより発振した超音波により、皮下脂肪組織と筋組織骨筋組織、骨組織などの異なった組織からの反射波が映像として得られます。
そして組織内部の横断層あるいは縦横断層をそのまま二次元画像として記録することができ、組織の断面画像を映しだします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です